7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のウイスキーが100周年を迎える中、クラフト蒸留所が業界を変える

日本のウイスキーが100周年を迎える中、クラフト蒸留所が業界を変える

静香市、11月 21日(ロイター) – 日本の新たな独立系ウイスキー生産者のリーダーである静岡蒸留所は、近くの森林で採れたスギを燃料として、世界的な需要の高まりに向けて精神を高めている。

サントリーが市場をリードする最初の蒸留所を山崎に設立した1923年から、今年は日本でウイスキーが生産されて100周年を迎えます。

今世紀初頭、国内には現在 100 を超える認可蒸留所があり、その数は 10 年前の 2 倍であり、それぞれが急速に拡大する市場で名を残そうとしのぎを削っています。

静岡氏によると、ウィスキー蒸留器の下で薪を燃やす世界で唯一の杉の火は、これらの蒸留所が自社を差別化するために採用している数多くの革新技術の 1 つであるという。

サントリーのような飲料大手と比べると彼らのビジネスは小規模ですが、その野心は世界クラスです。

中村太功さん(54)は、2016年にスコットランドを訪れたことがきっかけで、静岡蒸留所設立のきっかけとなった。

「私はこの蒸留所を見て、丘陵地帯にあるこの小さな場所が世界中にウイスキーを販売していることに驚きました」と彼は語った。 「だから、自分でウイスキーを作って、世界中の人たちに楽しんでもらえたら楽しいだろうなと思ったんです。」

日本におけるクラフトウイスキーの爆発的なブームは、業界の好不況に続いて起こります。

量より質

長い間スコッチの粗悪な模倣品とみなされてきた日本のシングルモルトおよびブレンデッドウイスキーは、2008年に国際的な賞を受賞し始め、世界的な激しい需要を刺激し、2015年までに事実上供給を使い果たした。

不足により価格は成層圏にまで上昇しました。 日本のクラフトウイスキーの先駆者であるイチローズモルトの54本のコレクションが、2020年に香港で150万ドルで落札された。 競売。 先週、サザビーズは世界で最も価値のある日本のウイスキーのコレクションを競売にかけた。 見出し 52年前のボトルが30万ポンド(約37万3,830ドル)で落札された。

ビールメーカー、アサヒグループ( 2502.T )の主力メーカーであるサントリーとニッカは過去10年間、「ジャパニーズウイスキー」の資格を得るために少なくとも3年以上熟成させてきた。 2021年 標準

日本最大で最もよく知られたウイスキーメーカーであるサントリーは最近、山崎工場を含む蒸留所の改修に100億円(6,700万ドル)を投資した。

チーフブレンダーの福與真治氏は、日本の新しい蒸留所を歓迎すると述べ、サントリーは「日本のウイスキー全体の品質の維持と向上に貢献する限り」新興企業にアドバイスする用意があると付け加えた。

外国マネーも市場に流入する。 2021年、世界的な飲料大手ディアジオは、伝統的な焼酎醸造家が2017年に設立した小政鹿之助蒸留所の非公開株式を取得した。

日本経済新聞は3月、ケンタッキー州に本拠を置くIJWウイスキー・カンパニーが日本最大の北海道北島に蒸留所を建設するため、シダーフィールドという日本法人を設立したと報じた。

シダーフィールドの代表者は同社の計画についてコメントを控えた。

しかし、市場に新たな供給があり、多くの新規参入者がいることから、業界関係者の中には、低品質の製品が日本の評判を落とすことになるのではないかと懸念する人もいる。

「業界ではそれが本当の恐怖だ」と、日本の最北端の国境にある利尻島にカムイウイスキーを設立した米国人駐在員、ケーシー・ウォールは言う。

静岡の中村さんは、彼のような生産者はプロセスを尊重し、結果を待つことができると語る。

「先人たちが造ってきたジャパニーズウイスキーの品質に匹敵するジャパニーズウイスキーの生産に我々も全力で取り組むべきだと考えています」と語った。

(1ドル=150円)(1ドル=0.80ポンド)

ロッキー・スウィフトの声明。 編集:ミラル・ファーミ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます

医薬品、小売り、日本の主要ニュースを中心にレポートします。 以前は米国国務省とブルームバーグニュースで働いていました。 フロリダのニューカレッジとハワイ大学。 元ポインターおよびJAIMSフェロー。

READ  SEVENTEEN、3月に「Follow Again」で日本と韓国を訪問