12月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のオークラホールディングスは2021年半ばに290万ドルの損失に直面する

日本のバッチンコホール運営会社であるオークラホールディングスは、ホールを再開したものの、前年同期の2,300万円(199,000米ドル)の利益から、6か月間で3億3,300万円(290万米ドル)の損失に減少しました。 2021年12月。 。

オークラは一部のバチンコホールで顧客トラフィックのわずかな回復を発表しましたが、グループレベルの売上高は24.7億円(2140万米ドル)から前年比27億4000万円(2370万米ドル)で安定しました。 そのパチンコとパチスロット事業。

同社は、グループの資産、プラントおよび設備の欠陥による損失、および市場価格の変動によるグループの金融資産の合理的な価値の損失による株主の損失を333百万円とみなした。 これらの損失は、オークラ後のリース負債発行の収益性により一部相殺されました。 3つのホールのリースを閉鎖および一時停止 -福岡のビッグアップル住吉ホール、長崎のビッグアップル住吉ホール、長崎のモナコス住吉本殿ホール-2021年8月にパフォーマンスが低下したため。

オークラ氏は、来年の見通しを評価し、次のように述べています。 顧客のトラフィックを回復するためのグループのリソースには、Covit-19の拡散を防止および制御するための日本政府の措置の遵守の確保、およびバチンコホールでの顧客の健康と安全を確保するための安全措置の自主的な実施が含まれます。

「経営陣は、グループの収益源を拡大するために他の事業セグメントへの多様化の新たな機会を模索しながら、顧客トラフィックを促進し、グループの業務をスピードアップするために前述のステップを引き続き追求します。」

昨年の大倉 長崎の住宅・商業ビルを購入 Govt-19の流行は、ビジネスに影響を与えたため、収益源を多様化するための同社の取り組みの一環です。

READ  HBXジャパンは「スーパースライス!」を提供しています。 -VERDYプロデュース