1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のオーディオ機器メーカーのアナゴイックルームは完璧な音の泡です

Echison、Fukui-平和をお楽しみください。 これは、壁を越えてすべての音と電磁干渉を取り除くように設計された、日本のオーディオ機器メーカーの施設にある奇妙な白い部屋のコレクションの目標かもしれません。

オーディオテクニカ福井株式会社 In Electromagnetic Anicoicチャンバーは、マイクやワイヤレスイヤホンなどのデバイスから放射される電波を正確に測定するように設計されているため、企業は各国のさまざまな電波放射基準に準拠していることを確認できます。 つまり、高さ8.6 m、長さ20 m、幅12の部屋は、外部の電磁干渉を防ぐ必要があります。

同社はオーディオテクニカの生産子会社として51年前に設立されました。 主にレコードプレーヤーのピンを製造していますが、マイク、ヘッドホン、アンプ、スピーカーなどの一般的なオーディオ機器も含まれています。 そのマイクは日本の首相官邸でも使用されています。

スマートフォンやYouTubeなどのビデオストリーミングサービスの人気に伴い、ワイヤレスイヤホンやヘッドホンの需要は世界中で高まっています。

オーディオテクニカ福井マネージングディレクターの谷下匠さん(58)は、次のように述べています。「アナログからデジタルまでの製品に使用できるハイテク技術の範囲を誇りに思っています。

(日本語原作:大阪写真部持スキりおち)

READ  日本の石油会社ENEOSが再生可能スタートアップを17億ドルで買収