9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のクラブでトレーニングするミャンマーのサッカー選手

日本に亡命を求める決定を待っているミャンマーのサッカー選手が横浜のプロサッカークラブのコーチに加わる。

ピアライオンアウンは、ワールドカップ予選でプレーするミャンマー代表チームのゴールキーパーとして5月に日本に到着しました。

彼は試合前にミャンマーの軍政との闘いのジェスチャーで3本の指をお辞儀した。 彼のチームが去った後、彼は日本にいて、彼の国での迫害を恐れ、難民の地位を申請しました。

J3リーグが所有する神奈川県のサッカークラブ、横浜スポーツ&カルチャークラブが今月初めに彼をトレーニングに招待した。

彼が日本でサッカーを続けることに興味を持っていることを知って、クラブは金曜日に彼をコーチとして雇うことに決めました。

Pia Lion Angは、日本に滞在したいミャンマー国民のための日本政府による特別な取り決めの一環として、日本に住み、働くための6か月の猶予を与えられました。

彼は現在住んでいる大阪から神奈川に移り、訓練を始める予定です。

横浜スポーツ&カルチャークラブ代表の吉野次郎は、ゴールキーパーがクラブとプロ契約を結んでいないが、パフォーマンス次第では可能だと語った。

READ  「シャトル外交が悪化した」:日本の投資スター、東芝が取締役会の論争に巻き込まれた経緯