7月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のクリケット審判:サクィル・パーカー氏へのインタビュー

日本のクリケット審判:サクィル・パーカー氏へのインタビュー

「選手たちはとても謙虚で優しい人たちです。 彼らはあなたの言うことを受け入れ、あなたの決定にあまり異議を唱えず、そりをしたり、虐待したりすることはありません。 本当に楽しかったし、これはある種の良き兄弟愛なのかもしれないと時々思った」とサクヒール・バルカールは日本へのクリケット旅行を思い出した。

フルタイムの医療専門家であるインド生まれのバーカーは、熱心なクリケット愛好家で、余暇にはオーストラリアグレードのクリケット審判員としても働いています。 最近、彼は一緒に座りました 成長するコオロギ 最近の日本訪問、準加盟国での審判としての経験、そして日出ずる国での試合の驚くべき可能性について語ります。

仲裁人としての人生

バーカー氏の審判の旅は、17年前に仕事でイギリスに滞在したことから始まった。 「私は2006年末に審判試験に合格しました。その後、エセックスのシェパーズ・ニーム・リーグで3、4試合審判を務めましたが、とても楽しかったです。2008年にはメラー・ブラッキンズ・リーグでさらに数試合審判を務め、その後チェシャー・カウンティに進みました」 2009年から2012年までのリーグ。

パーカーは、より日当たりの良い気候に定住し、よりリラックスしたライフスタイルを受け入れるために、イギリスでの生活を根絶しました。 残念なことに、仕事と個人的な問題により、彼はクイーンズランド州で大きな権力を行使することができませんでした。 「ご存知のように、私はそれを逃していました。幸運なことに、2022年に西オーストラリア州に移住した後、審判への情熱を再燃させることができました。今ではWAプレミアリーグで定期的に試合を行っています」と彼は言います。

チャンスはどのようにして訪れましたか?

パーカー氏が日本のクリケットに興味を持ったのは、実は偶然だった。 新しくて興味深いクリケット関連のポッドキャストを聞こうとオンラインで検索しているときに、彼は偶然 2 つのエピソードを見つけました。 ジャパンクリケットポッドキャスト。 「アラン・カー(ジャパン・クリケットの運営責任者)が国内の競技構造について話し、グラウンドキーパーを獲得するのに苦労していると説明しているのを聞きました。 すぐに興味をそそられました! 私は子供の頃から、テクノロジー、新幹線、アニメ、文化、食べ物など、日本のあらゆるものに魅了されてきました。 私の最初の旅行は2016年でしたが、それは基本的に一目惚れでした」とバーカーは言います。

彼は2021年12月にウェブサイトを通じて日本クリケット協会(JCA)に連絡し、短期的に審判として手助けしたいという希望を詳細に伝えた。 「正直に言って、彼らから返事をもらえるとは思っていませんでした。しかし、驚いたことに、そして嬉しかったことに、2日以内にアラン・カーからメールを受け取りました。

バーカーとカーは最初から意気投合し、そこから定期的に電子メールでやり取りを続けました。 今年初めの2月に行われたZoomセッションで、パーカーはJCAの国内試合の審判をするために4週間日本に出張する契約を結んだ。 「これは絶好の機会だ。週末には試合の審判をするためにかなりの時間日本に滞在し、平日は日本を旅行して観光することができる」と彼は言う。

日本における仲裁

現在オーストラリアに戻ったパーカーは、日本でのユニークでエキサイティングな経験を懐かしく思い出します。 「脱水症状という小さな出来事を除けば、間違いなく素晴らしい時間を過ごせました。でも、8月の高温多湿な日本の気候の中で審判をするのはそういうことなんです」と彼は笑う。

日本の国内クリケットシーズンは通常、4月から9月、場合によっては10月初旬までの固定月にわたって行われます。 男性と女性の両方の参加者向けの一連の競技会と、U19 と U15 の子供向けのジュニアリーグがあります。 パーカー自身は2つの別々の試合を審判した。 ジャパン クリケット リーグ (JCL) およびその新しい姉妹 T20 バージョンである JCL T20 として知られる 40 歳以上の競技会。

日本国内クリケットトーナメント(写真:Sakir Barkar)

「そこでのクリケット文化は非常に異質であり、多くの点で非常に馴染み深いものです」と彼は言います。 「打者たちはいつも自分たちがアウトではないと思っていて、ボウラーたちはいつも打者たちがアウトだと思っていたのは面白かった。 イギリス、オーストラリア、日本のどこに行ってもこれが標準です。

ただし、いくつかの顕著な違いがあるとパーカー氏は説明します。 「日本は若くて成長中のクリケット国なので、選手たちは、特に日本で生まれ育った選手たちはとても礼儀正しい。睨みつけたり、目を見たりすることはない。ゲームの流れは全く違うレベルだ」と彼は微笑んだ。

地元のクリケットシーン

地元のクリケットシーンの中心となるのは、東京から公共交通機関で 1 時間半の場所にある、緑豊かで絵のように美しい楕円形の佐野国際クリケット グラウンド (SICG) です。 ここはパーカーが泊まった場所です。 「佐野さんはとても美しいですね。 彼らにはプレーできるクリケット場が 6 つあり、そのうち SICG がメインセンターで、芝生のピッチが 3 つあります。 設備は一流です。」

佐野国際クリケットスタジアム、日本(写真:Sakir Barker)

その他、宮下、昭島、江戸川、山武にもクリケット場があります。 これらは佐野とともに、東京と横浜という広大な大都市の西、北、東の郊外にあるクリケット施設のカルテットを形成している。 2020年、大阪の貝塚クリケット場がオープンし、伝統的な中心地である関東以外で初めてクリケット競技の存在感を確立することに貢献した。

インタビューは地元選手層の話題に移ります。 現在、日本にはさまざまな民族的背景を持つクリケット選手が約 4,000 人登録されています。 「地元のクリケット界は依然として南アジア人で構成されており、オーストラリア人やイギリス人の参加者もいる。しかし、子供たち、特にU-17とU-19世代の場合、1人か2人のプレーヤーがたくさんいる。 「日本人の親たちが、外国生まれの地元の子供たちと一緒に遊んでいるのは、目を見張るものがあります。本当に素晴らしかったです」とバーカーは言う。

ICC U-19ワールドカップ2020出場を祝うU-19日本代表(画像:ICC)

「今回の旅で一番楽しかったのは、次世代の日本の才能を直接見ることができたことです。 言っておきますが、素晴らしい選手がいます。 彼らはフィールドでの運動能力の点で誰にも負けないため、技術スキルを向上させるために定期的に適切な芝生のピッチでより多くの練習をする必要があります」と彼は叫ぶ。

エキサイティングな展開と将来

ほとんどの人は日本というと相撲、柔道、空手などの伝統スポーツを連想しますが、主流の意識は野球とサッカーです。 テニス、バスケットボール、ボクシング、ゴルフ、ラグビーなどの他のスポーツも人気です。 複数のスポーツの競争にさらされているクリケットは、主流の注目を集めるのに苦労しており、より広い文化的文脈において重要なスポーツであり続けています。 しかしバーカー氏は、それは着実に進んでいると私に保証する。

「私がそこにいたとき、地元テレビ局の朝のコーナーで JCA とクリケットが放映されていました。 彼らはまた、ゲームのルールが何であるかを説明しました。 クリケットが何なのかを知る人があまりいない国では、この種のメディアの注目は非常に貴重です。

「もう一つのエキサイティングな展開は、国民的ブランドであるミズノという日本のスポーツ用品製造会社に関するものです。同社のチーフエンジニアと他の従業員数名が佐野のもとでクリケットのバット、シューズ、ボール、グローブなどのサンプルを見ていました。どうやら彼らは興味を持っているようです」彼らが真剣に取り組み、そのレベルの洗練をクリケットにもたらすことができれば、ゲームの知名度を高め、クリケットをより自立させることができるのは驚くべきことだろう。

一方、JCAは次のような取り組みを行っています。 関係者に圧力をかける クリケット、日本主催の2026年アジア競技大会に採用へこのスポーツは2028年LAオリンピックへの参加が検討されており、両方のオリンピックにクリケットが含まれることで、JCAを通じた新たなスポンサーシップの機会や政府の資金提供が可能になる可能性がある。 これにより、待望の長期的なゲームの活性化が実現します。 パーカーさんは、すでに次の日本旅行の計画で忙しい。 「私は審判員としての仕事を増やすため、2024年4月から5月にかけて6~7週間日本に戻る予定です。 レベル1認定を取得したので、トレーニングのお手伝いができればと思っています。 宿泊施設はすでに仮予約済みです。 待ちきれない!”

あなたは「Growing Cricket」を読んでいます。この本は、クリケットへの情熱を呼び起こし、真に世界的なゲームとなり、ゲームを成長させるという使命を持った情熱的なボランティア チームによって提供されています。

必見 私たちのホームページ すべての最新ニュースについては、 登録する 定期的な更新については EC をフォローしてください ツイッターフェイスブックリンクトイン そして ネットワークライト

どこから始めればよいかわかりませんか? 私たちをチェックしてください 機能一覧国のプロフィールそして ポッドキャストを購読してください月額 2 ドルからサポートして、限定特典を獲得しましょう ECパトロン

READ  日本はロシアの貿易制限回避を支援したとしてバンガロールに拠点を置くテクノロジー企業を追放した