8月 20, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のコンビニエンスストアローソンは、新年ごとに半額で「ホットミルク」の販売を禁止しています

ローソンの「ホットミルク」製品は、このマニュアル写真に示されています。

東京-日本のコンビニエンスストア、ローソンは、税金を含む新年と新年の懸念を支援するために、全国の店舗で通常の半分の価格である65円(約57セント)で「ホットミルク」製品を販売しています。 グリーンミルクは、コロナウイルス感染下では非常に拒絶されます。

東京に本拠を置く乳業会社と農家の組織である日本乳業協会(J-milk)によると、2021年10月までに2021年末から2021年初頭までに約5,000メートルトンの生乳が残ると推定されています。 2022年、そしてそれは必然的に大量除去の対象となります。 これは、コロナウイルスの蔓延により外食産業の牛乳生産量が少なく、学校給食の需要がないものの、過去の生産不足からの教訓により、牛乳生産量は増加を続けているためです。 元日。 これは、生乳の供給量が乳業の能力を超えていることを意味します。

この2019年3月21日のファイル写真は、東京都シオダ区のローソンコンビニエンスストアを示しています。 (ミニチ/ソネタかすひさ)

5,000トンの余剰分は500万リットルのミルクに相当し、J-Milkはハッシュタグ「1L per per」でオンライン投稿を奨励することで、「ミルク消費を促進する緊急計画」に着手しました。 日、「学校給食がないときは家でミルクを飲み、ホットポットでミルクを使うように家族に促します。

2020年3月、全国の学校が一時的に閉鎖されたとき、ローソンはホットミルクを半額で販売しました。 コンビニエンスストアチェーンは、12日間で150万杯を売り上げ、通常価格を上回りました。 今後のキャンペーンでは、「ローソンストア100」を除く全国約14,000店舗で割引ミルクを販売します。

ローソンは、1930年代に人気があったオハイオ州の乳製品店で最もよく知られています。 コンビニエンスストアの運営者は、「店頭ラベルのロゴにミルクを使用している企業として、ミルク消費量を増やす動きをサポートしたい」とコメントしています。

(増田博樹日本オリジナル、デジタルニュースセンター)

READ  住友金属鉱山は年間利益を2倍にする