6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のサントリーホールディングスが5億ドルの社債を売却

日本のサントリーホールディングスが5億ドルの社債を売却

サントリーホールディングスは、ボストンビールが出資を辞退したことを受け、債務返済を含む一般的な企業目的に資金を提供するために5億ドルの社債の価格を設定した。

上場企業は通常、事業の維持、製品ラインの拡大、新しい拠点の開設や事業拡大プロジェクトの資金調達のために社債を発行します。

日本のウイスキーブランド「山崎」と「響」、バーボンラベルの「ジムビーム」と「メーカーズマーク」を手掛けるウイスキーメーカーは、現在米国通貨建て債券市場に現在参入している数少ない日本の非金融企業の1社である。

5年債として発行された5億米ドルが中期債に転換された。

円は対ドルで1990年以来の安値水準に下落した。 その結果、今年の海外における日本債券の販売は、自国通貨ベースでの借入コストの上昇によって足を引っ張られている。

関係者が匿名を条件に明らかにしたところによると、サントリーの5年債からの収益は債務返済を含む一般的な企業目的に使用される。 サントリーによると、5億米ドルの紙幣は10月に満期を迎える ロイターこの物語が最初に公開された場所。

日本の人口減少により、同社は海外に注力するのではないかとの憶測が広がっている。 新浪剛史代表取締役社長はこう語る。 ブルームバーグ 今朝は「日本の人口減少は本当に私たちをここに留まらせている」。

しかしニエナミ氏は、同社がサミュエル・アダムス・ブランドを展開する米国のビール会社ボストン・ビール社の買収交渉を行っていることを否定した。 実際、買収の可能性について先週末に報道された後、新浪氏はブルームバーグに対し、「ボストンビールとは何の交渉も行っていない」と語った。

同氏は、同社の主な焦点は依然として日本であると述べ、日本の消費は「現時点では低迷している」ものの、新製品のイノベーションが高齢で裕福な消費者を獲得する鍵となると指摘した。

新浪氏は日本の賃金上昇について次のように語った。 [them] 労働力が不足しているため、企業は賃金を上げ続けなければ労働者を守ることはできません。

しかし、サントリー監督は「楽観的」だと述べ、日本の経済状況は「刺激的」だと述べた。

READ  ヒルトン・ワールドワイド:富山のダブルツリーデビューで日本の北陸地方に最初のホテルをオープン