6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のサービス部門は5か月で最も速いペースで縮小します-PMI


FILE PHOTO:2018年7月4日、東京の壁に大きなポスターが貼られたレコード店の隣のレストランで昼食をとります。REUTERS/ Kim Kyung-Hoon

東京(ロイター)-日本のサービス部門の活動は、オミクロンの亜種による新たなコロナウイルス感染の記録的な急増からの圧力に直面した兆候で、1月の5か月で最も速いペースで縮小しました。

世界第3位の経済大国では、ここ数週間でCOVID-19の症例が急増しており、オミクロンによる入院の増加に対応して、政府は国の大部分でより厳しい規制を展開することを余儀なくされています。

auじぶん銀行の最終的な日本サービス購買担当者指数(PMI)は、前月の52.1と48.8のフラッシュ測定値から季節調整済みの47.6に急落しました。

これは8月以来の事業活動の最も速い減少を示しましたが、優れた事業は4か月で最も急激な減少率を示しました。

調査によると、サービス会社は20か月で最も速いペースで人員を削減し、来年に活動が増えるという楽観的な見方を失い、前向きな感情が5か月ぶりの安値に達した。

このセクターの投入価格の伸びは引き続き上昇しており、世界的な原材料インフレによる企業収益への圧力が続いていることを示唆しています。

民間部門全体でも、引き続きコスト負担が増大している。

調査をまとめたIHSMarkitのエコノミストであるUsamahBhattiは、次のように述べています。

「製造業の生産高は8年近く伸びたものの、9月以来初めて総事業活動が縮小領域に落ち込んだ。」

製造業とサービスの両方を使用して計算された複合PMIは、12月の決勝戦の52.5から49.9に低下しました。

(DanielLeussinkによる報告; Sam Holmesによる編集)

(c)Copyright Thomson Reuters2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  Starlinkが日本で利用可能になりました