4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のシャープ ミュール スケーリング バッグ LCD Biz

日本のシャープ ミュール スケーリング バッグ LCD Biz

経済


大阪、3月21日(GGプレス)-日本の電機メーカー、シャープ株式会社が、不振だった液晶ディスプレイ事業の縮小を検討していると関係者が木曜日に明らかにした。

大型液晶パネルを製造する子会社、堺ディスプレイプロダクツ株式会社。 同社はまた、生産を停止するという考えを検討している。

シャープは赤字から脱却するには抜本的な対策が必要と判断した。 同社は親会社のハンハイ精密工業とこの件について協議しているようだ。

シャープは今月末の当期純損失が前年同期の2608億円の赤字から100億円の赤字になる見通しだ。

どちらの損失も主に LCD 機能の弱さに起因します。 シャープは堺ディスプレイの今後の対応も含めた中期経営計画を策定中で、5月上旬に発表したいとしている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  オリンピック-スキージャンプ-最後から最初のボガタジがスロベニアの驚きを共有