4月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のジブリパークが満開

日本のジブリパークが満開

社会文化


愛知県長久手市、3月16日(GGプレス) — スタジオジブリ社の第5弾作品は「魔女の谷」と呼ばれる。

愛知県長久手市にあるテーマパークは5つのエリアから構成されています。 他の4つのエリアは2022年11月から段階的にオープンし、「となりのトトロ」や「耳をすませば」などの映画をテーマにしたエリアが登場する。

州政府は現在、この公園が年間約180万人の訪問者を集めると予想している。

5つのエリアのうち最大の新エリア「魔女の谷」では、「魔女の宅急便」に登場した「クーチョキパンヤベーカリー」で実際にパンを販売している。 「ハウルの動く城」と形容されるハウルの城は、部分的に動き、煙を出します。 このエリアには、子供向けのメリーゴーランドや飛行機械の乗り物もあります。

予約制で購入できるチケットは3種類あります。 全5エリアが入場できる「ジブリパークお散歩デイパス プレミアム」の料金は、平日大人7,300円、4歳~12歳3,650円、大人7,800円、3,900円です。 週末や祝日はお子様向けです。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本は過去30年間で最大となる3.6%の賃上げの準備が整っている