12月 4, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のスナック大手がインド生まれの幹部を打ち負かし、海外のライスクラッカーに勝つ

コメットシガ社の「カーキのデーン」ライスベースのおやつ。 (毎日/スキヤマユウヒ)

東京-苦くて歯ごたえのある「カーキのデーン」ライスクラッカーは、何十年もの間日本のスーパーマーケットのスナックバーの定番でしたが、それらを作る会社は、国内市場から脱却し、海外で成功することを望んでいます。 同社はまた、インド生まれの新しい副社長であり、カーキ色のデーン活動家であるジュネジャ・ラジ・レクを担当したいと考えています。

カーキのデーン(おいしいおやつの形をした「柿の種」を意味する)は、1924年にニコタのスナックメーカーによって発明されたと考えられています。 米ベースのおやつベヒモットコメットシガ株式会社 1966年にピーナッツを入れて販売されました。 それは「カーキエンドウ」と呼ばれ、1980年代後半に生産が開始されました。 2021年2月、日本の宇宙飛行士の徳地長一は、国際宇宙ステーションでカーキ色のデーンを食べ、それを「宇宙鷲食」と呼んだ。

亀田製菓は2020年5月、レギーが副社長に就任すると発表した。 69歳のLekhは、ロート製薬の海外市場で営業担当副社長を務めていました。

亀田製菓ジュネジャ・ラジ・レイク副大統領は、2021年10月19日に東京都中央区で行われたインタビューで講演しました。 (毎日/スキヤマユウヒ)

亀田製菓は成功した製品の長いリストを持っており、日本の米スナック市場の主要な力と見なされています。 しかし、米ベースのスナックの売上高は、2015年以来年率約3700億円(約32.6億ドル)で成長しています。 一方、亀田製菓は売上高の約8割を国内市場に依存しているため、ゆっくりと動く可能性があります。 新しい成長の道や新しい場所が見つからなければ、富は不規則になります。

日本の海岸を越えてそれらの新しい目的地への道を開くために、会社はレッグに目を向けました。

脚は主に微生物学と発酵の専門家です。 1984年に日本に到着し、なこや大学から博士号を取得。 1989年、三重県四日市市を拠点に食品メーカー、太陽化学を設立。 研究者として入社。 そこで彼はお茶に含まれる化合物を分離しました。これは、人々がリラックスしたり、虫歯に対する保護を強化したりするのに役立ちます。これらの化合物は、今日でも多くの製品で使用されているようです。

彼の功績が認められ、2003年にTayyoKakakuがLeggyの副社長に昇進しました。 新しい課題を求めて、Legは2014年にRotoPharmaceuticalsに切り替えました。 そこで、レイクは研究室を退職し、会社の外国企業を担当し、ジプシーを動き回った。 世界は南アメリカからアフリカへの新しい販売チャネルを開いています。

この写真は、Juneja Raj Lekが提供したもので、2000年代初頭、食品原料メーカーのTaio KagakuCo。の副社長を務めていた米国への出張中の彼を示しています。

「世界中の主食である小麦は、最も重要なアレルゲンの1つです」とレイク氏は、研究と海外事業戦略の両方での長年の経験を活かして述べました。 「西部では小麦ゼロの「グルテンフリー」市場が成長しており、米ベースのスナックにとって絶好の機会です。」

そして、レイクの有望なライススナック革命の目玉はカーキのデーンです。 レイクは日本に来たとき、ちょっと辛いおやつが大好きで、そのバッグやバッグをお土産としてインドに持ち帰りました。

「インドの私の家族や友人もカーキのデーンが大好きです。何かを食べるとみんな笑顔になります」と彼は言いました。

レッグに入社したのと同じように、セイカ彗星は2020年1月にインドでカーキのデーンの販売を開始しました。 三日月形のライススナックとピーナッツの努力と本物のミックスにこだわっていますが、名前は「charcoal-charcoal」(日本のオノマトポヤ「カリカリ」)に変更されました。 しかし、米はインドから来ているため、日本のスナックよりも少し難しいスナックになっています。これは、インド市場に合わせて行われた数少ない変更の1つです。

亀田製菓のインド版「カリカリ」スナック「柿の種」は、2021年10月19日に東京都中央区で発見されました。 (毎日/スキヤマユウヒ)

炭には、唐辛子にんにくや柳など、6種類の炭があります。 1袋約150円(約1.30ドル)相当で、インドでは比較的高価で贅沢なおやつです。 とはいえ、2021年度の売上高は1億円(約881,000ドル)に達する見込みであり、2022年度にはその数が増えると見込んでいます。

彼の故郷でのスナックの成功は、海外でのカーキのデーンの能力にレイクの自信を与えました。 彼はミネアポリスのシンパニに、「寿司がアメリカに行ったときに形成されたカリフォルニアロールのように、カーキのデーンはまだ海外で形成されるだろう」と語った。

亀田製菓は、1950年代から新潟県で米とおやつ研究センターを運営しています。 センターでは、米粉や米由来の乳酸からバジル、低タンパク質米まで、あらゆる技術知識を蓄積してきました。

「天ぷらのようなヘルシーなおやつの魅力を広めれば、海外でも絶対に受け入れられるはずだ」とレイク氏。

(スキヤマユウヒの日本オリジナル、ビジネスニュース)

READ  日本最大の貸し手であるMUFGは、年間利益が12%減少すると予想しています。 WKZO | すべてがカラマズーです