4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のディスカウントスーパーマーケットチェーンはIPOデビューで29%急騰した

日本のディスカウントスーパーマーケットチェーンはIPOデビューで29%急騰した

Sディスカウントスーパーマーケット運営のトライアル・ホールディングスは、木曜日の日本の成長市場への上場で29%急騰し、同社の評価額は2616億円(17億3000万ドル)となり、今年国内最大のIPOとなる。

トライアル・ホールディングスは新規株式公開で388億5,000万円を調達することに成功し、2,285万株を1,600円から1,700円という市場価格レンジから1,700円で売却した。 株価は木曜日に2,491円でピークに達し、その後序盤の値上がりを2,200円で終えた。

IPOによる収益は、新店舗、改装、物流・加工センター、生鮮食品生産の強化、その他の活動の資金として使用される。 トライアル・ホールディングスは当初、昨年3月にIPOを申請していたが、昨年4月に計画を撤回した。

2015 年に設立され、福岡に本社を置くトライアル ホールディングスは、生鮮食品、衣料品、その他の家庭用品を低価格で販売するスーパーマーケットを日本全国で 280 以上運営しています。 子会社のRetail AIであるTrial Holdingsも、ハイテクショッピングカートやカメラなどのモノのインターネット(IoT)ソフトウェアやデバイスを開発しており、同社によれば、AIを利用して店舗での顧客の買い物パターンを分析できるという。 トライアルホールディングスの2023年6月期の売上高は前年比9.7%増の6531億円、利益は13.2%増の1252億円だった。

S&Pグローバルによると、コーポレートガバナンス改革、収益改善、海外投資家からの需要の増加により、日本のIPO活動は2024年にさらに増加すると予想されている。 同社は、IPO収益総額が2022年の3,496億8,000万円、2021年の7,351億4,000万円と比較して、2023年には5,765億1,000万円に増加したと指摘した。 調査報告書。 日本の最近の注目すべきIPOの中で、半導体装置メーカーの国際電気は10月の上場を通じて8億4,400万ドルを調達した。

過去1年間、日本は株式市場のブームを背景に新たな億万長者を生み出してきた。 人気のうどん店で知られる東京上場トリドールホールディングスの創業者兼最高経営責任者(CEO)の粟田貴也氏と、東京上場証券会社の創業者兼最高経営責任者(CEO)の酒見俊作氏(32)が、この3人の新メンバーとなった。 -昏睡クラブ。 M&A総合研究所ホールディングス。

続きを読む

フォーブスのその他の記事孫正義氏がソフトバンクの利益から80億ドルを獲得、武器株の上昇フォーブスのその他の記事新しいうどんが日本の大学生を億万長者にフォーブスのその他の記事超活発な32歳のディールメーカーは日本の最も新しい億万長者である

READ  日本万国博覧会の高価なトイレが異臭 | 日本