9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のデパートは、Govt-19の増加に伴い、顧客の参入をますます管理しています。

東京と大阪の主要デパートは、コロナウイルスの蔓延を抑えるために、顧客がベースの食料品店に入るのを阻止し始めています。

この動きは、木曜日の政府-19の作戦について政府に助言する専門家の委員会が、大衆運動を抑制するためのより強力な措置を求めた後に起こります。

日本百貨店協会は金曜日、緊急時のオルガンストアに対する厳格な予防措置を求めた。

特に、緊急法が制定される前の7月上旬に見られた足の交通量に基づいて、食品カテゴリーで許可される顧客の数を半分にするように求められました。

金曜日、大阪、阪神百貨店。 阪急うめだ店は屋台の地下入口を閉め、エスカレーターでしか行けませんでした。

親会社のH20リテールの広報担当者は、「阪急うめだから始めたので、店頭は混雑する可能性が高く、必要に応じてさらに行動を起こす」と語った。

東京では、土曜日から、三越伊勢丹ホールディング株式会社が運営する5店舗がフードユニットへの入店数を減らしています。

セブン&アイ・ホールディングスが運営する7店舗と7店舗のSoko&Cheap Co.は、すべてのサイトで顧客の出席を管理しています。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  日本のクラブでトレーニングするミャンマーのサッカー選手