6月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のトップ企業の3分の1はガラスの天井が無傷です

東京証券取引所の第1セグメントに上場している企業の3分の1はまだ女性幹部ではないため、政府はインターネットに名前を掲載することで公に屈辱を与えています。

内閣府男女共同参画局によると、732社の33.4%または東証上場企業のうち、7月末時点で女性取締役や監査役はいない。 それらの会社の名前は局のウェブサイトに表示されるべきであり、それらの管理構造を変えるために積極的な措置が取られるべきである。

野田聖子ジェンダー平等大臣は記者会見で、「企業の女性が潜在能力を発揮できるようにすることは、企業の継続的な成長を実現するためのあらゆる革新的なアイデアを開くために非常に重要である」と述べた。 閣議。

役員職に女性がいない企業の割合は2017年の62.0%から減少しましたが、優良企業の3分の1にはまだ女性の取締役がいません。

業種別では、33業種中9業種で女性管理職を持たない事業者の割合が50%に達しています。 これには、不動産事業や金属製品を製造する企業が含まれます。

女性の取締役または監査役の数は、前年比527人増の3,055人で、全体の7.5%以下でした。

経済協力開発機構(OECD)の調査によると、日本での調査方法はOECDの推定とは異なりますが、女性は通常、欧米の企業幹部の30%を占めています。

アメリカのコンサルティング会社McKinsey&Co。 また、他の情報源によると、女性の幹部の割合が高い事業者は、女性以外の幹部よりも収益性が高くなっています。

このため、女性の幹部の任命に関する情報は、どの企業を支援するかを決定する際に、企業投資家にとってますます重要になっています。

READ  サイクノは、ヴァルキリーが日本への旅行に参加しなかったことを確認します