11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のマンガ著作権侵害は取り締まりの別のサイトに対して継続している

写真のワンピースマンガのシーケンスは、頭蓋骨と骨のシンボルの一部を示しています。

日本はマンガの著作権侵害との闘いに積極的です。
写真ジョエルガゼット/ AFP ((ゲッティイメージズ)。

2019年には、マンガ盗難サイトManga-Muraのマネージャーを世界的に捜索しました。 マネージャーは日本人の星野ろみさんです。 逮捕されました マニラでの著作権侵害の申し立て。 2021年6月、 だった 有罪判決を受けた、判決および罰金。 これが日本の海賊弾圧の終わりだと思ったら、あなたは間違っています。

Manga-Muraの閉鎖後、MangaBankと呼ばれる新しいプラットフォームがその空白を埋めるために生まれました。 日本放送協会 報道によると、Shuishaを含む4つの主要な漫画出版社があります 各個になると 名声、マンガ銀行は著作権侵害を主張し、訴訟を進める準備ができています。

出版社によると、彼らのマンガのリリース全体が許可なくマンガ銀行にアップロードされました。 米国の裁判所は、個人の名前、住所、電話番号、IPアドレスなど、マンガ銀行の活動に関する情報を公開するようGoogleに命じました。

マンガ銀行は2019年後半にローンチしましたが、今月初めに閉鎖されました。 共同通信 海賊版との闘いを専門とする組織である日本の公認本は、当時、2,082億円(18億ドル)相当のマンガコンテンツがサイトにアップロードされたと推定しています。 比較すると、日本の歴史上最悪の著作権侵害であるマンガ村は、29億3000万ドルの著作権侵害損害賠償を要すると推定されています。

Shuishaの関係者は、出版社はクリエイターの作品を保護し、マンガが適切にリリースされるようにする必要があると述べています。

この弾圧は、主要な漫画出版社の試みだけではありません。 昨年、日本政府はサイバー著作権侵害法を更新し、規制を強化し、著作権侵害のダウンロードを禁止しました。 今週初め、日本の松野博康総務長官は、政府と関係省庁が緊密に協力して、マンガの盗難現場との戦いに効果的な行動を取ると述べた。

マンガ出版社の中島宏之弁護士は、海外で違法サイトを運営している人は、サーバーを利用していても、合法的にサイトを特定できると指摘している。 中島氏は、マンガ銀行に対する訴訟は、他の人が同様のサイトを立ち上げることを妨げるだろうと付け加えた。 残念ながら、星野容疑者の逮捕後はそうではなかったようです。

READ  佐賀県が佐賀バスキャンペーンで佐賀フロンティアを変革