6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のリポソームビタミンCブランド「Lypo-C」は海外での成長を目指す

日本のリポソームビタミンCブランド「Lypo-C」は海外での成長を目指す

Lypo-Cは、神奈川県に拠点を置くSPIC株式会社の発明であり、SPICサロンメディカルクリニック院長のDr.リポが開発したものです。 開発者は輸液ケア研究会理事の柳沢篤夫氏。

液体パケットの形で製造され、各パケットにはリポソームにカプセル化されたナノサイズのビタミン C が含まれています。 各リポソームのサイズは約 100 ナノメートルです。 DSM社のスコットランド製Quali-CビタミンCを使用しています。

同社のシンガポールのパートナーであるホワイトツリー ヘルス アンド ビューティーは最近、シンガポールのマリーナ ベイ サンズで開催されたビューティー アジア フェア 2023 で Lypo-C を紹介しました。

ホワイトツリー ヘルス アンド ビューティーは、日本企業の海外進出支援を専門とし、コンサルティングとデザイン サービスを提供しています。

話す 栄養素-アジア、 営業担当上級幹部のスタンレー・ポン氏は、馴染みのある製品を好む人口の減少と高齢化を一因に、斬新な製品を開発する日本企業が海外での事業成長を模索していると述べた。

「日本市場では、新製品や新しいイノベーションを現地市場に届けるのが非常に難しい場合があります。一般的に、年配の世代は使い慣れたものを使用することを好むからです。」 彼は言った。

Lypo-C は、約 8 年前に SPIC Corporation によって発売されました。

Lipo-C はリポソーム技術を使用しているため革新的です ビタミンCはリポソームに閉じ込められています。 リポソームはナノサイズの粒子であるため、体への吸収が良く、消化液からビタミン C を保護するバリアとして機能します。

READ  日本の敬老の日は9月18日です