6月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のロサンゼルスの家が「秘密」を発表

ロサンゼルス、2022年2月15日(Globe Newswire)- ジャパンハウスロサンゼルスハリウッドの中心にある日本文化の場所を発表 「ビジネスの持続可能性の秘訣」 1652年から手編みのシルクコードを製造している東京を拠点とする企業であるDOMYOとのウェビナー。 豊田喜一郎副所長兼DOMYO会長がシリーズコーディネーターのイーサン・バーンスタインに加わる。 そして、日本経済大学大学院研究科教授の琴敏夫氏が会話を交わしている 「日本の伝統的な編み物は、情熱と誇りを持って手作りされています。」 BusinessStabilityシリーズの3番目のオンラインイベントが開催されます 2022年2月22日火曜日午後5時30分から午後6時30分

急速に変化する世界では、次の10年は別として、次の四半期の計画は多くの企業にとって課題です。 しかし、世界で最も古い企業の本拠地である日本では、DOMYOのような企業は何世紀にもわたって存続し繁栄する方法を見つけてきました。 百年経営研究所によると、日本では52,000社以上の企業が少なくとも1世紀の歴史を持ち、何世紀にもわたる歴史を持っています。

Business Sustainabilityシリーズを通じて、プロのゲストは長期的なビジネスを探求し、持続可能性の鍵を発見し、アメリカの支配的なビジネス慣行とは異なるポリシーについて話し合い、短期的に環境や社会の懸念を引き起こすモデルについて意見を述べます。

「ビジネスの持続可能性の秘訣」 東京を拠点に、百周年記念経営研究所と協力している道明は、彼の会社が過去350年間に自社製品の新しい市場を発見し、コミュニティの変化にもかかわらず伝統的な日本のシルクニットのスタイルと技術をどのように採用したかを説明します。 江戸時代の初期(1603〜 1868年)から、DOMYOの熟練した職人は手で絹の糸を染め、手で細い絹の紐に織り続けました。

最初の二つ 「ビジネスの持続可能性の秘訣」 ウェビナーは現在、オンラインで表示できます。

「ビジネスの持続可能性の秘訣|ドミオ」 ここ

DOMYO Business SustainabilityWeb互換 「組紐:富雄の日本の絹編みアート」 現在、ハウスジャパンロサンゼルスでは2022年3月6日まで展示会が開催されています。 本展では、編み物の伝統と、織りや編み物との違いを紹介し、日本の編み物の歴史的展望を紹介します。 展示会への入場は無料です。 ウォークインが招待され、ギャラリーは毎日午前11時から午後6時まで開いています。

詳細については、ジャパンハウスロサンゼルスのウェブサイトとソーシャルチャネルをご覧ください。 フェイスブックインスタグラムツイッターウェブライトLinkedIn

日本の家について
日本の家 これは、ロンドン、ロサンゼルス、サンパウロに3つのセンターがあり、日本の外務省によって設計された革新的なグローバルプロジェクトです。 それは、国際社会における日本の理解と認識を深めることを目指しています。 ハリウッド&ハイランドの2つのサイトを占めるジャパン・ハウス・ロサンゼルスは、その場所やさまざまなショーを通じて、物理的およびイデオロギーの境界を越えて日本の最高の場所を反映する体験を生み出す革新のためのスペースを提供します。

場所:6801 Hollywood Blvd.、Los Angeles、CA 90028
Webサイト: www.japanhousela.com

メディアの連絡先:
ネリッサ・シロウ| 310-874-9230 | nerissas@ca.rr.com
中野内リサ| 323-904-9298 | lnakanouchi@japanhousela.com

この発表の写真はこちらから入手できます
https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/550e859b-f422-4a5a-aff0-4c3859db59ca

https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/7b417db6-4973-439a-a19f-211bd02ece8c

READ  テニス-全米オープン6日目Nippon.com