11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の三菱材料は、そのアルミニウム事業を米国のファンドに売却することです

東京、11月25日(ロイター)-日本の三菱マテリアルは木曜日に、飲料缶と自動車部品のアルミニウム事業を米国の投資ファンドアポログローバルマネジメントに非公開の金額で売却すると発表した。

アルミニウム市場は世界的に成長が見込まれますが、三菱マテリアルは、電気自動車やセメントなどの銅製品との連携が難しいことから、アルミニウム事業の売却を決定しました。

買収の結果、同社は1月から3月の四半期にリストラ費用として290億円(2億5,100万ドル)の損失を計上する予定ですが、その損失は今月初めに発表された通年の収益予測によって相殺されました。 言った。

インドネシアの銅製錬所であるPTSmeltingの株式である三菱マテリアルは、PT Freeport Indonesiaとの合弁事業がSmelterの処理能力を拡大した後、60.5%から35%に削減されます。

日本企業は、PT Smeltingは、PT Freeportから拡張のための資金を借り入れて能力を拡張し、拡張が完了すると、ローンをPTSmeltingの新たに発行された株式に転換すると発表した。

この拡張は、Smelterの年間銅濃縮処理能力を30%増加させることを目的としており、推定拡張コストは2億5,000万ドルで、2023年12月末までに完了することを目標としています。 ($ 1 = 115.3400円)(大林組報告、エレインハードケース)

READ  テニス-西郡は肩の負傷でトロントマスターズを引退