5月 29, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の不動産からの安定した収入を求めている香港の金持ち

日本の不動産からの安定した収入を求めている香港の金持ち

ジョーンズラングラサールでは、香港の居住者からの日本の物件に関する問い合わせが昨年より70%増加し、実際のアパートの売り上げは30%増加しています。

国際的なブローカーからの最近のハイエンドのリストには、17億円(1820万ドル)の3ベッドルームタウンハウスが含まれています。 50億。

より手頃な価格帯で、日本華房は東京のウォーターフロントの芝浦地区に1〜3ベッドルームのアパートメントを提供しています。一部のアパートメントからはレインボーブリッジの景色を眺めることができ、6,400万円からです。

ラム氏は、クライアントの多くが東京と大阪、そして京都と福岡でセカンドハウスを探していると語った。 北海道北部のスキーリゾートにも興味を持った人もいたという。

香港の投資家は、東京のレインボーブリッジの景色を望むアパートを手に入れています。

一部の売り手はヘリコプターの乗り物やシャンパンを含むパッケージツアーで裕福な投資家を誘惑しますが、ブローカーはほとんどの買い手が控えめな取引を求めており、多くの人が現金で購入できる小さくて古いアパートを選ぶと言います。

ジョーンズラングラサールのアジア太平洋地域の国際住宅部門の責任者であるマンディウォン氏は、将来の購入者は、主に長期賃貸収入のために海外に投資し、不動産を購入することに慣れている裕福な人々であると説明しました。

30代で香港に住む銀行員のGraceLauは、そのような投資家の1人です。 彼は昨年福岡で2つのアパートを購入し、円安を見た後、6月に18.6平方メートルのスタジオを30万香港ドル(55,558ドル)で購入した。 彼は、最近の購入額は、以前に同様の部屋に支払った金額よりも20%近く少なく、円安が続く場合はさらに購入する可能性があると述べた。

「あなたのお金を銀行に保管することに利益はありません」と彼は言いました。 「しかし、これで、私は5パーセントの利回りを得る。」

40代の香港レストランオーナーのサム・ウー氏は、日本は香港に比べて比較的安全な市場だと考えていると語った。 彼と彼の妻は、約6か月前に、大阪の主要なショッピング地区である心斎橋近くの店を400万香港ドルで購入しました。

「香港の不動産市場は揺れ動いており、多くの人々が去っていくので、私は他の場所を見たかった」と彼は言い、彼らは他の入札者との激しい競争に直面したと付け加えた。 ウー氏はすでに日本に3つの物件を所有しており、パンデミックの前に頻繁に日本を訪れたため、オンラインのストリートビューを使用して最新の購入品の仮想検査を快適に行うことができました。

日本のゴールデンウィーク中にバーベキューのためにアパートの屋上にいる人々のグループ。 AP

彼は、日本の賃貸利回りは6%を超えているが、香港の賃貸利回りは通常3%を超えていないと述べた。 ジョーンズラングラサールによると、シンガポールとロンドンのプライムアパートメントの利回りは3%未満です。

しかし、地元の人口の減少や建物の急激な減価の傾向など、日本市場のリスクを指摘するものもあります。

三井住友トラスト研究所のアナリスト、沖島俊氏は、パンデミックは人々のライフスタイルや好みを変え、外国人投資家が評価するのを難しくしていると述べた。

「私たちは、市内中心部から郊外へのシフトと、より大きな物件へのより大きな需要を見てきました。 コビッド後の需要がどうなるかを研究するのは難しい」と述べた。 「これは、地元に不慣れで、購入する前に物件を訪れることができない外国の個人投資家にとって危険です。」

それでも、香港人は住宅市場にチャンスを見出しています。住宅市場では、外国人の購入や居住者への追加税に特別な制限はありませんが、一部の住宅ローンは日本で最も低い住宅ローン金利の対象となります。

両国の国境規制が緩和されれば、証券会社は日本の不動産への投資が増えると予想している。

「日本は香港にとても近いので、人々が買いたいと思うなら、彼らはより頻繁に訪れるでしょう」とサヴィルズの国際住宅の責任者であるマーク・エリオットは言いました。

ブルームバーグ

READ  メーガン・ザ・スタリオンは、日本で青いボディスーツを着て「私の最高の人生」を生きながら、新しいライトアップネイルを誇示します