6月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の中部電力がJPICからニュースケール・パワーの株式を購入へ

日本の中部電力がJPICからニュースケール・パワーの株式を購入へ

東京:日本の中部電力は木曜日、気候変動との戦いを支援する小型モジュール型原子炉に賭けるため、国際協力銀行(JPIC)から米国ニュースケール・パワーの株式を購入すると発表した。

この動きは、2011年の福島事故によりほとんどの原子炉が停止されてから10年以上が経過し、日本がエネルギー危機に対処するために昨年、原子力政策の大規模な見直しを行ったことを受けて行われた。

「株主として、当社はニュースケールに投資することで収益基盤を拡大したい」と中部のグローバルビジネスユニット最高経営責任者(CEO)の佐藤裕樹氏は記者団に語った。

同氏は「小型モジュール炉は排出ガスのないエネルギー源であり、将来の脱炭素電源に必要な管理オプションをすべて確保することが重要だ」と述べた。

Subuは株式の規模や価格を明らかにしていないが、佐藤氏はそれが「JPICの大部分に過ぎない」と述べた。

JBICと日揮ホールディングスとIHIの日本企業2社は、JBICが約1億1000万ドルを投じて2022年までにニュースケール株の合計8.5%を買収した。

Subuの買収には米国当局の承認が必要で、承認には約1カ月かかると佐藤氏は述べた。

小型のモジュラー反応器は、従来のユニットよりも構築が速く、安価です。

ジョー・バイデン米大統領政権は、2050年までに経済を脱炭素化するという目標にとって、既存の原子力発電所を維持し、次世代の原子炉を建設することが重要であると考えている。

これまでのところ、ニュースケール・パワーが計画している唯一のSMRの設計は、米国の次世代原子炉規制当局によって承認されているが、まだ承認が必要である。

日本でのSMR採用の可能性について問われた佐藤氏は、「日本ですぐにSMRを使用することは難しいが、日本の次世代原子炉の将来の開発に大きな期待を寄せている」と述べた。

READ  日本政府は10月、円高のために430億ドルを費やした