11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の人手不足を解消するためにロボット猫が動員された

世界のレストラン業界はコロナウイルスの発生によって大きな打撃を受けており、ロックは数か月間閉鎖され、営業時間が短いために長期的なスタッフ不足が発生しています。

このイニシアチブは、スマートフォンの充電からデジタルメニューに至るまで、レストランの革新が進む中で、現在の流行環境における非接触サービスの需要の高まりに対応することを目指しています。

Skylarkの新しいロボットウェイターの艦隊は、有名なXiaobo鍋レストランを含む、来年中に数千のレストランに徐々に追加されます。

全国に3,000店舗を展開するスカイラークは、スタッフ不足に対応し、非接触環境を構築する方法としてロボット工学を採用している日本企業の1つです。

日本で1,5000店の低価格イタリアンレストランを運営するカエサリアは、昨年春からロボットスタッフのテストを行っており、人気のファストフードチェーンのモスバーガーもロボットのテストを行っています。

一方、SoftBank Roboticsは先月、日本とシンガポールのレストランにロボットスタッフを設立することを目的とした合弁事業で、中国のKeenanRoboticsとの提携を発表しました。

日本のロボット産業は流行の中で成長し、消費者や企業は医療会社やロジスティクスからホスピタリティ産業に至るまで、あらゆる分野で人間との接触を減らす方法を模索しています。

ロボットによる発明の増加は、日本の慢性的な労働力不足に関連しており、コロナウイルスの流行が始まって以来、サービス産業は特に深刻な影響を受けています。

日本の観光とレストランの労働力は、昨年2月の405万人から今年6月には382万人に減少した。

この流行は、人口の急増と少子化により、外国人労働者を空席に埋めることに長年消極的であるとともに、すでに敏感な日本の労働環境を悪化させています。

傍観者として、職場でのロボット工学の発見に関する日本の研究は、人口統計学的な課題のためにコロナウイルスの危機が発生する前から進んでいます。 流行以来、多くの日本のロボット工学企業は、高齢労働者からの幅広い社会的応用への焦点を再考してきました。

その中には、感染と戦うためのツールになる前に日本の縮小する労働力を増やすのに役立つ「ugo」と呼ばれる遠隔操作のアバターロボットを最初に開発したMiraRoboticsがあります。

発生後、優子は当初、警備パトロールや機器検査などのさまざまな役割を果たすために設立され、同社は紫外線を使用してドアハンドルのウイルスを殺すロボット用のハンドアタッチメントを開発しました。

READ  日本政府はまだフロッピーディスクを取り除こうとしています