4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の介入解決策を試すために資金ショート円賭け:マクギーバー – 2024年2月26日午前6時30分東部標準時

日本の介入解決策を試すために資金ショート円賭け:マクギーバー – 2024年2月26日午前6時30分東部標準時

[フロリダ州オーランド2月25日ロイター] – ヘッジファンドは、日本当局が円を34年ぶりの安値水準に押し上げている日本円に対して、ここ数年で最大規模の賭けをしている。

日本政府は最近、為替レートの「急激な」動きは「望ましくない」と警告を発しているが、2022年よ​​りも大規模な円買い介入の意欲が低下する可能性があると考える理由がある。

しかし、投機市場の安定化は、東京に行動を促す可能性がある変数の1つである。 そして、投機家は歯の間に歯がある。

商品先物取引委員会の最新データによると、ファンドの純円ショートポジションは、2月20日までの週に前週の12万枚から11万1,000枚以上に増加した。

これは円安にレバレッジを効かせた100億ドルの賭けだ。

ショートポジションは本質的に資産価格が下がるという賭けであり、ロングポジションは資産価格が上がるという賭けです。 ヘッジファンドは、長期トレンドの正しい方向に乗ることを期待して、通貨に対して方向性のある賭けをすることがよくあります。

そして円も大幅に安くなりました。 今年これまでに対ドルで6%下落し、1ドル=150.00を下回り、1990年以来の安値となる1ドル=152.00を記録した。

ファンドやその他の主要な日米金利・債券利回り格差が今後も続くことに賭けて取引されているため、円は今年最もパフォーマンスの悪い主要通貨となっている。 日銀が政策を「正常化」するのが遅れるか、FRBが大方の予想ほど利下げしない可能性がある。

または両方。

ポリシーミックスがどう展開するにせよ、これまでのところヘッジファンドにとっては成功した取引となっている。 最新のCFTCの円ネット売りポジションは11月以来最大で、ここ6年間で2番目に大きい。1980年代後半に円先物契約が導入されて以来、資金が円にこれほど大きく依存した時期は3期しかない。

おそらく最も重要なことは、2022年の9月と10月が、日本が1998年以来初めて外国為替市場で円買い介入を行い、出血を止めるために総額600億ドルを費やした2022年よ​​りも大きくなっているということだ。

ヘッジファンドは年初以来、買い越しポジションを倍増させており、これが34年ぶりの安値に向けて円が再び下落する主な要因となる可能性がある。

円は他の主要通貨に対して歴史的安値を更新しており、貿易加重ベースで数十年ぶりの高値を更新しようとしている。

日本は現在技術的不況に突入しており、依然としてマイナス金利が続いている一方、他の先進国のほとんどの国の金利はここ数十年で最高となっている。 おそらく円安は正当化されるのでしょうか?

「ファンダメンタルズ」がどうであれ、東京当局は投機筋が円売りポジションを急速に拡大し続けることを望んでいない。

(ここで表明されている見解はロイターのコラムニストである著者の見解です。)

(ジェイミー・マッキーバー;編集:クリストファー・クッシング)

READ  G7 エネルギー、環境リーダーが気候戦略を交渉