11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の伊藤忠商事は今後3年間の最低配当を支払う



ファイル写真:2016年11月7日に日本の東京にある本社の外で見られたIdochuCorpのロゴ。 ロイター/花井徹

東京(ロイター)-日本の企業であるエトオコーポレーションは金曜日に新しい配当方針を発表し、2022年3月までの今年度は最低110円、来年度は120円、130円を支払うことを約束した。来年度。 。

4〜9月期の純利益は前年同期の5,006億円(44億ドル)にほぼ倍増し、通期の見通しは36%増の7,500億円となりました。

エトオ会長の石井圭太氏は、燃料が不足していると思われるため、オーストラリアのレイブンズワースノースサーマル炭鉱の株式を売却することを決定したと語った。

「脱炭素化への世界的な動きが加速するにつれて、企業は持続可能なビジネスとガバナンスをターゲットにする必要があります」と彼は記者会見で語った。

Itochは、鉱山の10%の株式をGlencoreに売却することに同意した、とスポークスマンは述べたが、詳細は明らかにしなかった。

この動きは、2024年3月までに一般炭事業から撤退する計画の一部です。

(1ドル= 113.6500円)

(大林組による報告、クラレンス・フェルナンデスによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
東京
アジア
東アジア

READ  紙の力:デジタルの急増の中で日本のマンガ業界が特別版をどのように採用したか