10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の伝統工芸品を現代に持ち込むこと-それが木村宗信のビジョンです

シリーズAの最後

2021年8月13日、カンザス州の光沢のあるホテルハイアットセントリックのロビーでグランドティーマスター木村宗信に会いました。

恐ろしい環境はすぐに忘れられました。 彼の親しみやすい表情と魅力的なマナーで、私は私が私たちの時代の最も偉大なお茶の達人の一人の隣に座っているようにはっきりと感じました。

わずか45歳で、彼はリーダーです ほうしんこいスクール 彼は京都で1997年に設立しました-彼は21歳です。

幼い頃から木村師匠は学んだ உரசெங்கேசாடோ、 それは「お茶の道」を意味します உரசெங்கே 学校、」海外に住む多くの人々は、単に「お茶祭り」の概念に精通しています。

何世紀にもわたる歴史を持つお茶の世界では、木村は小さな異端者と見なされています。 実際、以前のインタビューで、法心会学校の校長は「茶道」の翻訳に苦労し、「茶道」の一部であると主張しました。 好きなだけ 芸術の主要部分ではありません。

「重要なのは、ゲストが共有し、ゲストが可能にした感謝の気持ちです。 おもてなし (おもてなし)」と、木村マスターは以前にリリースされたインタビュービデオで主張しました 2017年のANAグローバルチャンネル

この式典で私たちはグランドマスターと話をしました 石川での国際北陸五海サミット彼が主要な主催者でありMLCであり、日本人の重要性について話し合うイベント こうじ、 または伝統的な工芸品。

木村氏は、手工芸品の未来、職人が3Dプリントの始まりにどのように取り組むべきかなどについての彼の考えのいくつかを共有しました。

木村宗心とのお茶会

日本の文化省が主催した石川県での国際北陸サミットがグランドティーマスターの木村宗信に引き渡されたのは偶然ではありません。

ティーマスターは、実際に新しいアイデアを試してきた歴史があり、日本の芸術、工芸、文化を世界に紹介するための重要な接点でした。

彼は茶室と芸術監督を担当していました WA-Qu EXHIBITION2005でのショーの外 イタリア、ミラノのサロンデルモービルにて。

木村は2007年に隈研吾と仕事をした 茶屋、ドイツのフランクフルトにある、お茶会に適したトーテムを備えた革新的な建築空間。

若しある日、木村宗信(新装社、2014年)。

彼は以下を含むいくつかの本を執筆しています ワカシ1日 (新蔵社、 2014)、季節、機会、そして一年の毎日に合わせて日本のデザートの歴史と多様性を紹介します。

の議論 こうじ クラフトサミットのテーマである日常は、茶人が仕事を通じて毎日出会う話題です。

「人生の要素を選び、一緒に暮らし、楽しむことはとても重要だと思います。基本的には同じです。 おちゃかい (一緒にお茶)

彼は次のように説明しました。「質問:どの装飾、どの建物を使用するか、誰を招待するか、何を食べるか、どの皿や道具が最適か?お茶は生活の必需品をすべて使用するものです。 i-shoku-ju (頭字語。衣類、食品、家を指します)。

「人々はこの重要性を知る必要があります」と彼は付け加えました。 「日本人はそれがとても明白なので、あまり考えていません。しかし、私は人々がそれを保護して、日常の人々がそれを楽しむことができるようにしたいと思っています。

クラフトカレントの作成

石川北陸五海サミットは、2017年から富山で開催されています。

しかし、木村ソチの組織のおかげで、2021年版は新しいサイクルをもたらしました。 2017年版は伝統と革新に焦点を当てていますが、2021年のサミットは、さまざまな分野の職人を集めることを目的としています。 こうじ

特別なアーティストには有名な建築家が含まれます 隈研吾、陶器メーカー そさいまん大井XI、数百年の伝統、そしてデザイナーとコンサルタントのサポート 長谷進、すべての中小企業の国際的なブランドの経験。

(Govt-19時代のニーズを満たすために、イベントはオンラインでストリーミングされ、パブリックビューイングWebサイトにアーカイブされました。 施設。)

マスター木村はより広い定義に焦点を合わせました こうじ、 彼はその理由についていくつかの洞察を共有しました

「日本では、美術と工芸の違いが曖昧で線を引くのが難しいのですが、それはなぜですか?」 木村は尋ねた。

「実際、それは [fine line between art and craft] 日本には上流階級にも下層階級にも芸術はないという美しい考えから生まれました。 工芸品は、誰にとっても楽しいものです。「お茶の達人は、ユニークな芸術作品から日常の生活道具まで、誰にとっても」と説明しました。

木村はそれを説明することによって考えを説明しました こうじ ピラミッド:上はユニークな芸術作品を使った手工芸品で、下は大量生産されたオブジェクトです。 真ん中には、リーズナブルな価格で中型の手工芸品がありました。 それらはすべて設定されました こうじ、 そして、彼らは日常生活のさまざまな側面に浸透しました。

サミットの彼のビジョンは、現代と国際的な聴衆に手工芸品をもたらすことの問題に関する実際的な議論を作成する必要があります。

「それが日本の生き方だと言えると思います。 こうじ、 “彼が説明した。 “柔道 それは私たちが翻訳しない言葉になりました-私たちはそれを使うだけです。 好き こうじ そうなる。 「」

石川の独自性

山頂の場所を考えると、総心が木村石川を工芸文化の中心と考えていたのは驚きでした。

「現代のライフスタイル、そして人生はとても速いので、便利さが優先されます。人々は遠ざかっています こうじ オブジェクト、それらはクラフトとの接触を失います」と木村は説明しました。

しかし、石川県ではそうではないと主張した。「この地域の人々は手工芸品を大切にしていて、手工芸品に近い。 彼らは今でも地元の倫理的で環境に優しいライフスタイルに触れています。

簡単に言うと、彼は神沢とより広い地域の「大ファン」です。「この地域の人々に自信を持ってもらいたい。地域文化の再生、再生になりたい。あなたがこれで何をしているのか地域は本当に素晴らしいです。 コカイン。 「」

北陸にいない人のために、木村はこの地域の独自性についてメッセージを送った。「金沢は東京ではなく、京都とは大きく異なります。 街には歴史がありますが、能登半島にも自然があります。 これは日本全体の顕微鏡です。

ティーマスターは、彼らが彼らの文化にある必要があるという誇りをより広い日本のコミュニティに思い出させました。

「日本は長い歴史がありますが、海外からのものも好きです。経済的な観点から、日本は外部から成長しました。しかし、誰もが目の前にあったことを少し忘れていると思います」と木村氏は語った。

「日本人として、世界とつながりやすい時代なので、自分のアイデンティティや文化を世界に発信するための道具が必要だと思います。」

新しい挑戦

テクノロジーが進化し続け、生活がますます快適になるにつれて、木村は物事も変わるという彼の期待を隠しません。

サミットの間に、何人かの講演者がいくつかの質問をしました:職人にビジネス管理が芸術と同じくらい重要であることをどのように理解させるか? ブランディングの重要性をどのように説明しますか? 若い世代の手工芸品への関心をどのように惹きつけていますか?

思いついた例は、例えば、3Dプリントでした。 職人は、機械が手でコピーされる可能性をどのように処理しますか?

茶のグランドマスターで星海学園の創始者である木村宗信。

木村はそんなに絶望的ではなかったと言った。 「職人は少し甘やかされていると思います。彼らは、 『人々が私がしていることを真似するなら、それは良くない』と言います。 しかし、それは間違いなく起こり、コピーする価値があるかもしれません。」

彼は、「独特の物質の本質は大量生産に送ることができる。問題はどういうわけかそれを忠実に表現している。そうでなければ、それは意味をなさない」と主張した。

焦点は特定の消費者にあるべきであり、それは常に考えることが重要であると彼は言った。 こうじ。

「異なる製品が大量生産用であるか、独自の製品であるかは関係ありません。一方が他方よりも優れています」と彼は言いました。 「結局のところ、問題はあなたがこれを誰のためにやっているのか、そしてその目的は何なのかということです。」

国際北陸コカインサミットが終了したとき、私はこの分野のマスターになるユニークな機会を振り返り、新しいアイデアの火山と日本文化の驚異に肩を並べました。

木村さんが次に何をするのかわくわくするしかない。

これはシリーズの最後の部分です 2021年の国際コキサミットで提唱されたアイデアを詳細に調査します。 職人と専門家が未来についてのアイデアを共有します こうじ、そして石川地方は日本の文化を表現する方法について話し合っています。 ここでシリーズの他の記事を参照してください:

著者:アリエル・プセット

READ  フードロッカーは日本をターゲットにし、ATMの購入で待ち伏せします-クォーツ