9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の伝統的なお香の作り方

お香が日本に伝わったのは6世紀で、仏教とほぼ同時期に「お香の道」や 後藤 ますます洗練されています。 外国人観光客には見落とされがちな地元の文化の魅力的な側面ですが、現在、より多くの人々が楽しめるように、工芸品の背後にある秘密を解き明かすショップが東京にあります. 1時間にお香。

▼お店はじゅとく。 (はい、最後にピリオドがあります)、それはカクラサにあります。

店内は美しく洗練されたモダンな雰囲気ですが、お香作りの体験は、参加者がその作り方を教えてくれるので、平安時代 (794 ~ 1185 年) にまでさかのぼります。 インク原料を練り合わせて成形したお香です。

店はウェブサイトで次のように述べています。

「平安時代、貴族が自分でお香を調合するのを楽しんでいたように、目に見えない香りを作り出す作業の瞬間は、純粋なくつろぎのひとときです。

この機会に、自分のお香を調合して自分の魂を発見してください。

スクリーンショット-2022-08-17-8.43.02.png

体験は、お香の歴史と使用されている材料の簡単な紹介から始まります。お香は、木の葉、根、樹脂などの天然素材から作られています。 スタッフは、材料の匂いを嗅ぐ、より正確には、材料を文字通り「聞く」ことに注意を払うように案内します。 きく (“ask”) の代わりに使用されます。 (「香り」)はお香の世界ではとても上品な言葉です。

▼体験の中心にあるのは、サンダルウッド、シナモン、スターアニス、クローブなどの9つの芳香剤です。

スクリーンショット-2022-08-17-8.44.11.png

これらの細かく砕かれた力は、単独で使用すると非常に強力ですが、それらを混合することで、好みに合わせて調和のとれた香りを作り出すことができます。 登録シートとスプーンは、参加者ごとに3つのサイズをご用意しておりますので、お好みに合わせてバランスを調整していただけます。

それぞれの香りをじっくりと考えながら、さまざまな割合で混ぜ合わせていく行為は、まさに「純粋なくつろぎのひととき」となり、自分の作品が形になっていくのを見るのはワクワクします。

スクリーンショット-2022-08-17-8.45.15.png

材料を混ぜ合わせ、水と結合粉を混ぜたら、混合物を型に入れて形を整えます。

スクリーンショット-2022-08-17-8.45.54.png

かぼちゃや亀、金魚などの型も豊富にそろっているので、美しい形のお香を一皿に仕上げることができます。 体験を完了するための最後の要件は、手作りのお香に名前を付けることであり、私たちは「祈りの香り」と名付けました。

スクリーンショット-2022-08-17-at-8.47.25.png

お香は桐箱に入れて持ち帰り、自宅で数日乾かしてからお香としてご使用いただけます。

スクリーンショット-2022-08-17-8.48.06.png

原材料から自分の香を燃やすことは、ユニークでやりがいのある経験であり、予想よりもはるかに簡単です. お香作り体験は1人3,000円、人数は2名~4名まで。

ソース ソース: 寿徳。

画像 © SoraNews24

SoraNews24 のニュースをもっと読む.

日本の新しいリラックマのお香は、亡くなった親戚の魂を安らかにします

罪悪感のないチョコレートの贅沢をお楽しみください… チョコレートのお香で!

カレー香はおいしい涅槃を実現するのに役立ちます

©そらニュース24

READ  アーティストは日本のハジ山脈に触発された革くずの着物を作成します