10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の住宅費はCOVID-19の圧力の下で下がり続けています

  • 8月の住宅支出は3.0%年/年減少しました
  • 政府の管理、感染症の増加は夏の費用に影響を与えます

東京、10月8日(ロイター)-日本の住宅支出は8月に3.0%減少した、政府のデータは金曜日に示した。

これらのデータは、岸田文雄新首相が経済を復活させ、より高い賃金を通じてより多くの富を家族に分配しようとする努力にとって悪いものです。

支出は、7月に1.5%減少し、0.7%増加するという平均市場予測よりも悪いです。

月次の数字は、2.0%の下落の予想と比較して、4ヶ月連続の下落である8月に3.9%の縮小を示しました。

政府当局者によると、Govt-19感染の蔓延とその後の規制により、全国のレストランやさまざまな製品の消費が妨げられ、梅雨は顧客に店を訪れるように促しなかったと付け加えた。

デルタ変動のケースの増加と緊急時の制限が家の買い物や外食を妨げないため、消費は世界第3位の経済大国にとっての弱点です。 最近の民間調査によると、日本のサービス部門の活動は9月に20ヶ月連続で縮小した。 続きを読む

しかし、アナリストは、10月からの障壁の撤廃とワクチンの着実な改善が需要の需要を後押しするため、今後数ヶ月で消費が再び増加すると予想しています。

しかし、経済は供給障壁からの新たな逆風に直面しています。 続きを読む

金曜日の個々のデータは、主に統計的に有意な効果のために、8月のインフレ調整後の実質賃金が前年比で0.2%上昇したことを示しました。

カンダロゴミアのレポート; ライカ木原作。 SriNavaratnamの編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  男子サーベルチームは決勝でオリンピックフェンシング-韓国イタリアと対戦します