6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の出生率は過去最低に低下し、婚姻数も減少している

日本の出生率は過去最低に低下し、婚姻数も減少している

日本政府のデータによると、日本の出生率は2023年に8年連続で過去最低を記録した。

東京 – 水曜日に発表された厚生労働省のデータによると、日本の出生率は2023年に8年連続で最低値を記録した。 政府当局者は、状況は危機的であると述べ、当局に対し、この傾向を逆転させるためにあらゆる手段を講じるよう要請した。

急速な高齢化や人口減少といった日本の慢性的な問題は、特にこの地域における中国の存在感の強さを背景に、日本の経済と国家安全保障に深刻な影響を及ぼしている。

最新の数字によると、日本の出生率(女性が生涯に産む子供の平均数)は昨年1.2人だった。 同省によると、2023年に日本で生まれた赤ちゃんの数は72万7,277人で、前年比5.6%減となり、日本が統計を取り始めた1899年以来最低となった。

これとは別に、データによると、昨年の婚姻件数は6%減の47万4,717件で、これが出生率低下の主な原因だったと当局は述べている。 大部分が伝統的な日本社会では、家族の価値観を大切にするため、未婚で出産することはまれです。

林芳正官房長官は記者団に対し、危機的な状況だと語った。 2030年代までの今後6年間が「流れを変える最後のチャンスだ」と同氏は語った。

林氏は、若者が結婚や子育てに苦労する主な理由として、経済的不安定、仕事と子育ての両立の困難、その他の複雑な要因を挙げた。

このデータは、水曜日、日本の議会が子育て中の親や妊娠中の子供に対する経済的支援の増額、保育サービスへのアクセスの拡大、育児休暇手当の拡充を目的とした法律改正案を承認したことを受けて発表された。 政府は2024年度予算の一部として5.3兆円(340億ドル)を割り当てており、今後3年間で毎年3.6兆円(230億ドル)の税金が費やされることが見込まれている。

専門家らは、この措置は主に結婚しているカップル、またはすでに子どもを産む予定のカップルを対象にしており、結婚に消極的な若者の数は減っていないとしている。

野村リサーチのマネージングエコノミスト、木内登英氏は、この措置は問題の解決には至っていないと述べた。

ジュッチ氏は分析報告書で「補助金増額のような単純な経済対策では出生率の低下という深刻な問題は解決しない」と述べ、家庭や職場での伝統的な男女役割分担を支持する保守的な態度も変わらなければならないと付け加えた。

日本の若い世代は結婚や出産に消極的で、就職の見通しは厳しく、給料よりも早く上昇する高額な生活費、そしてジェンダー中立的な企業文化が女性の負担を増大させるだけであることが研究で明らかになった。 そして働くお母さんたち。

1億2,500万人を超える日本の人口は、2070年までに約30%減少して8,700万人になると予測されており、10人に4人が65歳以上となる。

READ  福島の日本のビーチがシンガポールで利用可能になりました