11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の半数以上の人々が転職を喜んでいます:政府の調査

日本で転職する人の半数以上が喜んでそうします。最近の政府の調査は、労働者が他の場所でより生産的な労働条件をどのように探しているかを強調しています。

厚生労働省の調査によると、2019年10月1日から2020年9月30日までの間に切り替えた回答者のうち、53.4%が新しい仕事に満足していると答え、11.4%がそうではないと答えた。 今月上旬。

2021年2月2日、仮面の男たちが東京の丸内商店街に足を踏み入れる。 (京都)

世論調査は、5人以上の従業員を抱える約17,000のオフィスから転職した約10,000人を対象に実施されました。

満足と不満の差は42.0パーセントポイントで、2015年の前回の調査の43.0パーセントポイントの差に近かった。

調査担当省は、「労働慣行改革により労働条件が改善し、人々は新しい仕事にやりがいを感じている」と述べた。

日本では、終身雇用、年功序列による昇進、新卒者の採用などの日常業務が徐々に緩んでおり、厄介な長時間労働を減らすための改革が進んでいます。

最近の調査によると、転職後の男性の方が女性よりも幸せです。

回答者の合計56.4%が満足し、9.9%が不満であり、女性の回答者はそれぞれ49.3%と13.4%でした。

女性の不満は、仕事、労働時間、同僚との関係の点で男性よりも10パーセント高かった。

スイスの世界経済フォーラムによると、パートタイムで働く女性の割合は男性の2倍以上であり、日本人女性の平均所得は日本人男性より43.7パーセント低い。

個人的な理由による転職調査への回答者76.6%のうち、28.2%が賃金を除く労働条件の変更の理由を挙げた。

その後、26%が仕事に不満を持ち、23.8%が低賃金だと思っていました。

READ  国連は日本に損傷した福島原子炉を調査するよう要請する