9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の味は拒絶された:中国の「リトル京都」は操業を停止する

大連は、2週間前に中国北東部の中国の都市大連で開かれた日本をテーマにしたショッピング、文化、住宅のキャンパス活動を停止するように命じられました。

中国のネチズンが日本の文化的「侵略」を非難した後、地方自治体は「唐リトル京都」事業者の一時的な閉鎖を求めた。 再開日は明確ではありません。

ニッキが水曜日に遼寧省の施設を訪れたとき、ビジネスエリアは閉鎖されました。 オペレーターの大連玄グループの幹部は、月曜日に大連市政府から操業停止の指示を受けた。

政府は、混雑した場所に人々を集めることにより、インターネットに対する批判とCOVID-19への恐れを指摘したと代表は述べた。

パナソニック電器店、北海道・広島商品の小売店、様々な日本食レストランなど、第1フェーズの一部となる29店舗に大きな打撃を与えた。 和風別荘の販売は継続します。

中国のツイッターと並行してWeiboで、ユーザーは大連がかつて日本人に占領され、設計された複合施設を作成したと指摘しました。 古代日本の首都のように 京都、有田焼、化粧品、和菓子、ラマン、 ヤキニへ バーベキュー-日本文化の侵略。 一部の声は計画を擁護しましたが、他の中国の都市も日本企業を引き付けました。

2019年4月に東京で行われた調印式に市長が出席して以来、大連政府はこれまでのところプロジェクトを全面的に支援してきました。 ネチズンの圧力により、地方自治体は進路を変更せざるを得なくなりました。

トンリトル京都は、60億元(9億2500万ドル)の費用で建設され、2024年に完成する予定の広大な60万平方メートルの複合施設の一部です。

READ  ウガンダのアスリートが中部地方のオリンピックキャンプを脱出| オリンピックニュース