6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の国会議員が皇統縮小に関する協議を開始

日本の国会議員が皇統縮小に関する協議を開始

日本の国会議員らは金曜日、女性が菊の位から締め出される可能性はあるものの、皇室の厳格な継承規則の緩和の可能性について議論を開始した。

皇室には2,600年以上にわたる名高い歴史がありますが、現在日本に後継者はただ一人、徳仁天皇の17歳の甥である悠仁親王だけです。

徳仁親王の一人っ子である愛子さま(22)は、男子限定の継承規定により、64歳の父親の跡を継ぐことができない。

2021年に大学時代の恋人と結婚した小室眞子元皇太子妃の場合のように、皇族の女性も外部で結婚する場合には家族から離れることが義務付けられている。

金曜日に超党派の協議が始まるまでに7年かかり、何らかの変更を実施するには長いプロセスがかかるだろう。

広告 – スクロールして続行してください


会談は、現在90歳の高齢の当時の明仁天皇の2年後の退位を認める2017年の正式規則に倣い、政府に対し継承規則を「早急に検討する」よう求めた。

2021年に政府に提出される特別委員会では、与党と野党議員の2つの勧告について議論される予定だ。

1つは、王族の女性が家族外で結婚してもその地位と公務を保持できるようにすることだ。

広告 – スクロールして続行してください


2つ目は、第二次世界大戦後廃止された11の旧王室の男性が養子縁組を通じて直系に「復帰」できるようにすることである。

委員会の報告書は、悠仁親王が天皇に即位するまで男系ルールを維持するよう勧告した。

王室を家父長制の日本の家族の完璧な例として崇める保守派議員らの間で、長年の伝統を変えることに反対の声が上がっており、女性の後継者がすぐに誕生する可能性は低いことを意味している。

広告 – スクロールして続行してください


最近の共同通信社の世論調査では、有権者の間で女性の後継者に対する支持率が90%であることが示されているにもかかわらず、このような結果となった。

第二次世界大戦後の日本の憲法の下では、天皇には政治的権力はありませんが、象徴的な重要性は非常に高く、世論調査によると国民の強い支持が示されています。

歴史上8人の女性君主がいるが、その統治はほとんどが一時的なものだった。 最後の小桜町は約250年前に王位に就いていました。

nf/kh/stu/sco

READ  日本の地震で救助隊が生存者の捜索に奔走、死者数は50人に近づく