7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の地方自治体は水銀入り廃棄物の販売を拡大する動きを見せている

日本の地方自治体は水銀入り廃棄物の販売を拡大する動きを見せている

社会

東京、6月16日(GGプレス)–日本の地方自治体の多くが、家具を含む家庭から回収された余剰リサイクル可能廃棄物を人気のフリーマーケットアプリ「メルカリ」で販売することに目を向けている。

これらの動きは、廃棄物の燃焼による二酸化炭素排出量を削減することを目的としています。

このような廃棄物は無料で一般に提供されるか、リサイクルされます。

兵庫県西宮市は、家庭からの回収需要が高まっている大型ごみの削減を目的に、2022年10月からマーキュリー商品の販売を始めた。

西宮市はこれまでにソファやワードローブなどを出品し、計57点を計8万2800円で販売した。 市担当者は「(資材が)売れることを知ってもらい、実際に使ってみてほしい」と市民の再利用意識を高めるのが狙い。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本の伝統工芸とファンのお気に入りを組み合わせたポケモン×工芸展