7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の地銀の2022年度利益は2%減益へ

日本の地銀の2022年度利益は2%減益へ

経済


東京、5月16日(GGプレス)-上場地方銀行73行と銀行グループの2022年度純利益を合計した決算報告は、前年度比2.0%減の8143億円となった。

73 の銀行およびグループのうち、60% 近くにあたる 42 行が、主に融資による利息収入が好調だったことにより、3 月終了年度に利益が増加しました。 しかし、米国と欧州の利上げに伴う債券価格下落による損失により、複利利益は圧迫された。

一方、他の29社は減益となった。 73 社のうち 2 社を除いて、業績は前年度と直接比較できません。

株式会社ジモトホールディングス最終損益は70億円の赤字となった。 山形市北東部の子会社きらやか銀行への公的資金の注入を目指している。

単体ベースで、90 行の連結純利益。 持ち株会社傘下の貸し手を含めると1.1%減少した。 このうち債券取引関連の損失は8割、総額6325億円に達した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  ドイツ人が日本の医療大手オリンパスをCEOに任命