6月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の外相は中国とロシアが軍事協力を強化していると警告した

日本の外相は中国とロシアが軍事協力を強化していると警告した

ストックホルム(AP通信)-日本の林芳正外相は土曜日、アジアにおけるロシアと中国の軍事協力に懸念を表明し、ロシアによるウクライナへの全面侵攻後、ヨーロッパとインド太平洋地域の安全保障状況は切り離せないものになったと述べた。

林氏はスウェーデンで開かれた欧州・インド太平洋外相会議で、ロシアのウクライナ戦争は「国際秩序の根幹を揺るがす」ものであり、国際社会の一致団結した対応が必要だと述べた。

「そうでなければ、他の地域でも同様の課題が起こり、我が国の平和と繁栄を支える現在の秩序が根本から覆される恐れがある」と林氏は語った。

日本はウクライナの戦争を断固支持しているが、中国はウクライナは中立だと主張する一方、ロシアとの関係に「制限はない」と宣言し、米国と北大西洋条約機構(NATO)が紛争を煽ったと非難している。 日本の岸田文雄首相は3月にウクライナの首都キエフを訪問し、中国の習近平国家主席はモスクワでロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談した。

林氏は、中国政府が東シナ海と南シナ海で現状を強制的に変更し、台湾周辺での軍事作戦を強化しようとする取り組みを「継続し、強化している」と非難した。

「さらに、中国とロシアは爆撃機の共同飛行や日本付近での海軍共同演習など、軍事協力を強化している」と林氏は述べた。

南シナ海と東シナ海の日本統治下の島々のほとんどを領有権を主張する中国は、自国の主権と開発利益を守る権利があると主張している。

林氏はまた、北朝鮮が「前例のない頻度で」弾道ミサイル発射を実施することで、この地域で「挑発を強めている」と警告した。

同氏はスウェーデンの首都の北で、欧州連合やインド太平洋地域の閣僚数十人との会合に出席した。 中国は会談に招待されなかった。

「ロシアがウクライナに侵攻して以来、ここ欧州の安全保障状況と太平洋の安全保障状況は切り離せないものとなっている。したがって、欧州の閣僚と太平洋の閣僚がストックホルムでこれらの問題を共同で議論することは非常に重要であり、非常に理にかなっている」林氏は記者団に語った。

パキスタンのヒナ・ラバニ・カール外務大臣は、全世界がウクライナ戦争の影響を受けており、気候変動や新型コロナウイルス感染症のパンデミックといった地球規模の課題がさらに増大していると述べた。

「私たちは皆、独自の方法でそれを試しています」と彼は言いました。 「パキスタンのような国が学んだ教訓は、根深い紛争は決して解決策ではないということだ。我々は敵対行為を終わらせ、紛争を終わらせて、人々がこれ以上の命を破壊するのではなく、命の構築に戻れるようにしたいと考えている。

READ  山形の道中