9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の多様なオリンピックスターは変化する国を表しています(ゆっくりと)

しかし、東京は同じ色のままです。 市政府によると、日本国外で生まれた住民は約4%に過ぎず、国民の2倍に相当します。 (対照的に、ロンドンとニューヨークの居住者の35%以上は外国生まれです。)

元セネガル・日本人モデルのメアリー・ナカガワは、日本で育った「見知らぬ人」のように感じたと語った。 彼は今日でも、人種的正義の議論が国を強制した大阪さんのリンガーであると主張する男性からの意見を聞き続けています。

「大坂なおみ以来、状況は変わったと専門家がいつも言っていると聞きますが、いじめっ子はまだそこにいます」と中川さんは言いました。 「彼らは再教育されていません。」

2019年、大阪さんが全豪オープンで2度目のグランドスラムを制したとき、 ナイシンは彼女を薄い肌と茶色の髪で描いた マーケティング漫画では、白化は非難を引き起こします。

「私がドンだというのは明らかだ」と大阪さんは答えた。 ナイシンは謝罪した。

藤原武、400メートルを専門とするスプリンターはエルサルバドルで育ち、そこで彼の日本の名前は眉をひそめました。 彼の母親はそこから来ており、彼の父親は日本人です。 藤原氏がエルサルバドルアテネオリンピックに出場した後も、彼の国籍についての噂は続いた。

2013年、彼は日本への忠誠を変え、父親の故郷に移住しました。 人々が彼の「マッチョマッチョ」の筋肉について前向きにコメントしたにもかかわらず、レセプションは即座ではありませんでした。

「私が日本に来たとき、私は「ねえ、私は私の国にいる」と思いました。 彼らは言った、「ねえ、あなたはどこから来たの?」 聞いてみる。 “氏。 藤原は言った。 「それは良くなったが、多民族の日本人が一般的である場所に行くにはまだ長い道のりがある。」

READ  ニハン大学。 信頼違反の可能性を探る