9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の大学の先輩の80%が雇用されています

来年3月に卒業する予定の日本の大学生の約80.5%が7月1日までに就職した。昨年のコロナウイルスの発生による就職活動の改善を示した調査。

リクナピの求人情報サイトの運営者であるリクルト社のオンライン調査によると、ウイルスの蔓延により、2020年の同時期に選考プロセスが73.2%から7.3ポイント遅れた。

求職者は、2021年3月21日に東京東部のシバで開催された情報展示会に行きます。 (京都)

しかし、ウイルスが発生する前の2019年の同時期の85.1%をわずかに下回りました。これは、より多くの学生、特に地方に住む学生が公務員になることを目指しているためです。採用担当者は言った。

東京に本拠を置く同社によると、公務員の選考プロセスは夏の後に始まることが多く、今月初めに行われた世論調査では、1,045人の大学生が回答した。

東京を拠点とするコンゴ地域で公務員として働きたい学生の割合は8.6%で、2020年の卒業生の数とほとんど変わりません。

一方、田舎では、東京の主要都市である大阪、近畿地方から大阪、スブ地方のなこやまで、大学の先輩の18.8%が公務員になることを目指しており、2020年春に卒業する学生の8.6%になります。

その傾向を反映して、コンゴ、スブ、チンギ地域以外の地域の大学の先輩の77.7%は、2019年の同時期の87.2%から7月1日まで就職していました。

求人研究所所長の増本ジェン氏は、「失業中の学生は心配かもしれないが、7月以降に就職した大学の先輩が多い。彼らにとって良い競争相手となる会社を見つけてほしい」と語った。 。」

READ  スカ首相を首相に任命しても、日本の政治危機を解決することはほとんどないポール・オジアとセバスティアン・マスロウ