6月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の天文学者NASAが発見した謎の緑色レーザー

日本の天文学者NASAが発見した謎の緑色レーザー

博物館の学芸員で日本人の天文学者である藤井大一氏は、昨年 9 月、彼が設置した複数のモーション センサー カメラで異常なものを発見しました。空を横切る 3 つの明るい緑色のライトです。

映像を調べて軌道データと比較した後、フジは責任者を発見しました。その夜、日本上空を飛行した氷、雲と地球の衛星 2、または ICESat-2 です。

衛星の機器科学者であるトニー・マルティーノによると、チームが空で機器のレーザーパルスの映像を見たのはこれが初めてです。

「ICESat-2 は、ほぼ完全に単純なようです。 [Fujii]NASA のマルティーノ氏は次のように述べています。 発売. 「レーザーを見るには、適切な場所に、適切なタイミングで、適切な条件が必要です。」

ICESat-2 2018年に打ち上げられ、地球の表面の高さを測定するために使用されています。 基本的にスペース次第 ライダースキャナー、考古学者が使用するものと同様 森林の成長などの自然の特徴に失われた古代遺跡を発見する.

このビデオは 2022 年 9 月 16 日に撮影されました。雲が散らばる背景に対して、空を横切る 3 本の光の筋が示されています。 さらに精査すると、富士は、緑の線が雲の間に短時間現れた光に合わせて脈動していることに気付きました(自分で識別したい場合は、ビデオフレームの中央のすぐ上です).

人工衛星だと思った富士は、その夜、カメラの上空を飛んでいた探査機を調べた。 そして見よ、ICESat-2が犯人である可能性が高いようです。

ICESat-2 が見た日本の様子を示す図 (2 層の雲とその下の地面に注意してください。

遭遇の反対側を示すために、NASA は日本の ICESat-2 視点をリリースしました。 データ チャートは、日本の地形だけでなく、日本の雲層の衛星測定値も示しています。

NASA によると、ICESat-2 ロケットは 1 秒間に 10,000 回の速度で打ち上げられます。 衛星は以前に地球から画像化されていましたが、そのレーザー パルスは観測されていませんでした。

その夜、平塚市立博物館の上の雲はレーザー光を十分に散乱させ、フジのカメラにそれが見えるようにしましたが、光を遮るほどの雲はありませんでした.

そのため、次に空に明るい光を見たとき、それは流星や宇宙人ではないかもしれません。 それらは、地球上で何が起こっているかを追跡する、単なる人間の道具かもしれません。

詳細: 天文学者が集まり、スターリンクやその他の衛星コンステレーションが空を破壊するのを阻止します

READ  Astrobotic の民間月着陸船による ULA の最初のバルカン ロケットの打ち上げ日は 1 月 8 日はいつですか?