2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の天皇は、2020年以来初めて正月の公の場に姿を現す

徳仁天皇と雅子天皇は、1 日を通して 6 回の短い出席を計画した。

東京 – 日本の徳仁天皇は月曜日、2020年以来初めて公式の新年の挨拶を行い、国と王室が徐々に正常に戻るにつれて、毎年恒例の伝統を慎重に再開した.

徳仁は、雅子皇后とともに、宮殿のガラス張りのバルコニーに1日6回現れ、すべての人の幸福への願いを表明する予定だった.

夫婦には、娘の愛子と徳仁の両親、明仁前天皇と美智子元皇后、その他の親族が加わった.

コロナウイルスの蔓延を抑えるために、宝くじで選ばれた一度に約1,500人の善意者だけが、日本の首都の広大な宮殿に入ることが許可されました.

2020年、パンデミックが日本に影響を与え始める前に、合計70,000人の希望者が徳仁の新年のスピーチに出席しました. 宮殿は、感染を防ぐために2021年と2022年にイベントをキャンセルしました.

「3年ぶりに皆さんと新年を迎えることができて本当に嬉しいです。

「今年の初めに立ち、我が国と世界の人々の幸せを願っています。」

ロイヤルカップルは、2022年に徐々に公の場に姿を現し始めました.

READ  日本は米国に従い、幼児に予防接種をするべきですか?