1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の太平洋岸では、芸術家が自然と触れ合う

東京の南東2時間の田舎のビーチタウン、泉近くの江戸時代の農家では、柔らかな光が海の浮きなどの7つの大きな丸い土鍋を紙や木製の格子の扉を通して通り抜けます。 彼らの薄い表面は、開いた囲炉裏からの煙によって時間の経過とともに黒くなった建物の木製の柱と梁に照らして輝きます。 これらの船は、200年以上にわたって伝統的に建てられてきたこの家の唯一の居住者です。 暖炉。 なだらかに指紋が刻まれた傾斜した白で、その表面は魚の鱗のように大きな前の部屋の腐った畳の上にあります。 1つはカブの形をしたペアで、1つは滴るインディゴの水玉模様で描かれ、もう1つは先のとがった茶色の太い帯で描かれ、一緒に見える窓のように見えます。 日本の志賀県産の灰色と白の粘土を使って手作りされた、芸術家の作品です。 浜名かすのり51歳のこの一生に一度のアパートを展示スペースとして利用しています。 彼の作品は貴重なギャラリーに展示されています ブルーム&ゴー ロサンゼルスとニューヨークで、しかし彼は単にそれらに言及します 、祖母の台所でピクルスを家に置いておく便利なクロッカスの言葉。 これらのおなじみの素材と比較して、浜名の坪は同時に(ほぼ30インチの幅で)押し込むことができ、滑らかで、天候と亀裂の表面が家の崩れかけた壁に響き渡ります。

別の購入者は、この1,000平方フィートの建物をブリキの屋根で取り壊して、敷地内に新しい家を建てた可能性がありますが、浜名は2016年に、それを保存したかったので、それが置かれている土地の価格で購入しました。 「これは私のコレクションの一部です」と彼は、人類の歴史に関連していると感じる彼の周りのオブジェクトに言及して言います:陶器からの5世紀の陶器、友人によって作られた陶器、そして20世紀以前の藍。 ボロ 彼がフリーマーケットで見つけた作業服。 また、彼のコレクションの一部は、砂色のセメントファサードを備えた近くのモダンなビーチハウスです。ここでは、家の海壁からうねりに網を投げて、ディスボと魚を作ります。 そして、北の谷にある適度な2階建てのミッチョン農家で、古い物置小屋で作品を撮影し、敷地の1エーカー半に水田を植え、芸術家の由紀子と暮らし、協力しました。 黒田さん、52歳。バイクに乗る、または ヴァン(日本の農家に好まれる安価で小型の車)は、3つの家で、すべて15分以内に、時間をかけて考えました。 彼の芸術は彼が彫ったキャラクターではなく、彼がそれらをデザインし、太平洋の端にある自然と故意に生きるときの彼自身の内なるビジョンです。

ほとんどの朝、彼は最初の明かりで目を覚まし、その日の玄米を炊きます。 暖かい季節には農作業を行い、冬にはビーチのスタジオに直行します。 暗くなる前に、彼は農家に戻り、夕食のために地元の魚や野菜を準備し、家のおがくずのバスルームを暖めます-時には近くの破壊された古い家からのゴミで-そして彼の坪からの電話で午後8時までに寝ます。 、彼は言います:「私は人々にこのライフスタイルについて話したいです。」

浜名はラウンドアバウトでこの場所に来ました。 彼の両親は、成長して製品を作ることに初期の関心を持っていましたが、彼は自分自身を医者または弁護士になりたいと思っている家族の黒い羊だと説明しています。 6歳の時、大阪近郊の幼少期の家の庭に2羽の鶏を飼育し、テレビアニメシリーズに描かれた民話など、民俗生活の話が大好きでした。まんが日本昔ばまし」(1975-94)。 ショーに触発されて、彼は祖父の道具と廃材を使って作成しました ジソ、田舎道や林道で旅行者を守るために匿名の職人によって作られた菩薩の小さな石像-貧しい人々のために浜名がしばしば押し込まれた1970年代に大阪周辺から遠く離れて現れた田舎の存在を表しています。 空気の質。

15歳のとき、彼は日本の海の兵子県にある農業高校に通い、3年後、北カリフォルニアのハンボルト州立大学で環境学の学位を取得しました。 アメリカのファッションと80年代の映画に触発された “バック・トゥ・ザ・フューチャー、」彼はサーファーとビキニの女性と一緒にビーチを夢見ていました。 寒いノースビーチはショックで、彼はサンディエゴのコミュニティカレッジに転校しました。 映画の授業で、彼は映画を見ました 黒澤明大須靖二郎、そして気づいた彼は、「日本については何も知らない。 『わぴさび、なに?』と笑いながら回想する。

この母国への新たな情熱に触発されて、彼は実家に戻り、高校で集めたヴィンテージのジーンズとスニーカーを販売しました。 リーバイス501のような服は、ファッションだけではありません。「彼らは文化、歴史です。」 彼は東京に移り、1994年に原宿に自分のヴィンテージショップBluesをオープンするまで、フリーマーケットで洋服を販売していました。 その後、彼は中古のナイキとデニムを手に入れるために州を旅し続けました。 そしてその店はよく知られていました。 彼はフェラーリとポルシェを購入しました。 しかし、ビジネスが減速し、東京のナイトライフの輝きが薄れ始めたとき、彼は海と山の両方の近くの場所を探し始めました。

1998年、泉の海の交差点に売り出し中の土地を見つけ、3年後にそこに小さなビーチハウスを建てました。 離婚後、2008年にフルタイムでビーチに移り、娘を育てました。 彼は昔から粘土で遊ぶのが大好きで、いすみの公民館の授業で初めて坪を作り、興味を持ってマスコミを調べ始めました。 年上の彼のクラスメートはしばしば戸惑いました:なぜ彼はマグカップや器のように小さくて威厳のあるものを作ることができなかったのですか? しかし、彼は謙虚な形に興味を持っていました-そして彼がそれらを拡大したらどうなるでしょう。 自宅には25インチの窯を設置し、2018年に購入した農家には30インチと40インチの窯を設置しました。

それらが作成されると、Suboは浜名の3つの家を移動します。 ビーチハウスの2階には、4〜5日おきに手作業でダイニングテーブルを作っています。 波は雑草の急な岸の下にある防波堤に衝突します- 鈴木 (日本のポンパスブル)、日本のマックガードとフェレルアジサイ。 浜名は、キャラクターの形や描き方を、彼が始めるまで計画していませんでした。代わりに、直感と偶然性に頼っていました。 「考えすぎると、デザインやクラフトになります」と彼は言います。

次に、彼はスボを彼と黒田が住んでいる農家に連れて行き、彼らを撃ちます。 時々、狭い階段を下りてビーチの物件に行く途中で、彼は誤って1つを壊し、グラフィックデザインビジネスを離れて手作業を行ったGrodaが、壊れたキャラクターを置き換えることがあります。 キンズキ、陶器や漆を取り付けるための伝統工芸品 戦争 (木抽出物から作られたラッカー)は通常、粉末の金、銀、またはプラチナが振りかけられます。 アルミ製の漆管の内側から切り取られた光沢のあるペンダント、またはビーチでカップルが見つけたさびた金網によって、Crodaはピューターを使用して亀裂を閉じたり、漆を単独で使用したりします。

今日、浜名の作品はマネージドショーに含まれています 村上隆、そして世界中のコレクターに属していますが、彼は自分自身をアーティストと呼ぶことに漠然としています。 坪は、現代美術のように、威圧的でも排他的でもない、と彼は言います。 むしろ、それはアクセス可能です:「人々はそれが彫刻ではなく、器またはマグカップであると思います。」 しかし、彼が古代の木の幹と同じくらい広い領域を作成すると(彼の最大の作品は片側にあります)、それは機能的なコンテナから示唆に富むコンテナに変わります。 「知らない人を見ると非常に似ています」と彼は言います。中身がわからず、船が何を保持しているのか疑問に思います。

READ  日本の福島首相は、下水処理を遅らせることはできないと言います