10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の女性首相のための封鎖された道路

日本の自民党(LDP)は先週、岸田文雄前外相を新首相に選出し、国の100番目の首相になることを意味する。 岸田文雄は、過去3回の選挙で3分の2の過半数を獲得した、または勝利した現在の自民党連立をまもなく主導し、次の総選挙で反対に直面する。

男性が再び次の首相になると主張する人もいますが、彼の後継者は長期的には女性かもしれないという兆候があります。 党首候補の4人のうち、野田聖子とタカイチセインの2人は女性だ。 一緒に、彼らは最初のラウンドで党の投票の33パーセントを受け取りました。 これは、女性候補者を歴史に含める2回目の自民党選挙であり、1回のコンテストで女性候補者の数が最も多い。

ただし、より一貫性のある視点は、異なる結論につながる可能性があります。 一部の女性候補者は党構造の頂点に近づいたが、彼らはマービーと広く人気のある河野太郎がそれ以上上昇するのを妨げた。 彼らの立候補は、日本で最も権力を握っている女性に対する大きな波に対して十分ではありません。 大まかに言えば、3つの重要な要素により、日本の政治生活における女性候補者は引き続き上向きの戦争に直面することになります。

1つの要因は、有権者が女性候補者についてどう思うか、または女性候補者の必要性に関連しています。 証拠はまちまちですが、一部の事前職務では、日本の有権者に、性別のみが異なる政治的立場の同一の候補者を提供しています。 5パーセントポイント少ない 女性候補者を選択します。 この作品は、女性候補者が性別に基づく行動の期待と異なる場合、サポートを失う可能性があることを示しています。 余分な仕事は女性の候補者がいることを示しています 罰金が科せられます 野心的になるために。 ここでの問題は、有権者が彼らが野心的な女性だと思っていることです 人気はありません より広い国民の間で、したがって、実行可能な(または「選択可能な」)候補者ではありません。

2番目の要素は、女性候補者が候補者の競争や守備についてどう考えるかです。 国籍を超えた調査は女性を示しています 走らない傾向 選挙のために、彼らが彼らが彼らに反対することができる男性より明らかに良い候補者(すなわち、より高い質)であると思わないならば。 これは日本では特に難しい問題です 大学の学位を持つ女性の割合は男性よりも低い、多くのよく発達した民主主義とは異なり、そこにあります 指導的立場にあることが少ない 企業やその他の組織で。 賃金には大きな男女格差があります 女性は男性よりも賃金が低い。 これは、女性が男性のような専門的な資格を持っていないことが多いことを意味します。 この理由の一部として、女性は一般的に男性よりもリソース(お金、ネットワークなど)が少なく、操作が難しくなっています。

3番目の要素は、選挙規則または組織的要素に関連しています。 構造的な問題は、ほぼすべてのターンで女性候補者に直面しています。 たとえば、首相によって選出された衆議院の地位は政治的に価値がありますが、地域の自民党の役人はしばしば門番として行動し、それらのレースの女性候補者を指名しません。 日本のフードシステムが法律を可決 ジェンダー平等を推進する 2018年5月16日の政治では、それは本当の力を持たず、政党が男性と女性の候補者の数を可能な限り自発的に平等にすることを奨励しています。

さらに、党首と議会の構成員を獲得するための選出プロセスは独特であり、確立された党の路線を代表しない候補者に構造的な障壁を課します。 自民党の指導者選挙は、他に類を見ない過去数十年にわたって民主化されてきました。 先進民主主義における党選択プロセス。 しかし、この決定は依然として国会の党設立の手に委ねられています。 LDF総選挙の第1ラウンドに勝つために必要な764票: LDP国会メンバーの半分、ランクおよびファイル自民党メンバーの半分。 これは、LTP国会のメンバーが珍しい(たとえば女性の)候補者が適切であると判断するまで問題です。女性のリーダーへの道は堅実です。

日本の女性リーダーの代替ルートは、政府の別の政党です。 しかし、この自民党総選挙は、この地域の野党にとって潜在的な不利益を示した。 野田氏はこの自民党指導者コンテストに最後に参加した。 彼女自身の実行の解釈は、党の議題を助けることへの彼女の無関心を強調しているが-彼女は多様性と比較的進歩的な社会政策の珍しい政策を実行した-総選挙前の彼女のキャンペーンは党の全体像を助けたかもしれない。 自民党の女性の視点は、来たる総選挙で彼女の党にいくらかの票を獲得したかもしれないが、リーダーシップレースで彼女にとって十分ではない。 これは、女性を企業に採用することが女性の改善にどのように役立つかについての幅広い調査結果と一致しますが、必ずしも女性が仕事に行く利益のためではありません。

要するに、3つの重要な要素が女性候補の自民党(最終的には国)をいつでも導きます。 候補者側では、女性が政治生活に入る可能性は低いです。 必要に応じて、有権者が支持する可能性は低いです。 制度的には、党は、選出された場合、女性を良い役職に任命したり、リーダーシップを支援したりする機会はありません。 重要な構造的または文化的改革がなければ、一般的には選出された役職、特に首相のポストのための潜在的な女性候補者の数を増やすことは難しいでしょう。

Charles Croftreeは、DortmouthCollegeの政府助教授です。

小野義国は、東京のヴァセダ大学の政治学教授であり、東京の経済商工研究所の講師でもあります。

山岸ひかるは、イェール大学の東アジア研究賞を受賞しています。

READ  日本の自民党が政権を握る可能性が高い理由