1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の家族は、オミグロンがヒットするずっと前にコストを削減しました

(ブルームバーグ)-日本の家計支出は11月の3か月ぶりに減少し、ウイルスのオミグロン変異体が広がり始める前に予想外の消費の減少を示しました。

内務省によると、住宅、教育、輸送への支出は前月比で1.2%減少した。 全体的な支出は、経済学者の予想である1.2%の増加と比較して、2020年のレベルよりも1.3%低かった。

別の報告によると、東京のインフレ率は先月0.5%に上昇し、2020年2月以来の最高水準になりました。 11月の賃金は横ばいで、岸田文雄首相が昇給のきっかけとなるためにどれだけの仕事をしなければならないかを示している。 彼の経済的議題。

緊急ウイルス対策が解除されてから2か月でワクチン接種率が上昇し、コビットの症例はますますまれになっていますが、11月の消費者は消費意欲が低下しました。

省当局者は、2020年と比較して旅費が低かった結果、ホテルを支援する政府の割引キャンペーンがまだ実施されていたため、前年比でいくらか減少した可能性があると述べた。 夜に外出する人が増えるにつれ、光熱費と野菜のコストは下がったと当局者は語った。

ただし、Omigronバリアントの普及により、症例数は夏の終わりから目に見えないレベルにまで押し上げられ、それが別の緊急発表をトリガーした場合、オッズはまだ小さいものの、コストをさらに削減できます。

東京は今週、警報レベルを一段階上げたが、知事は、木曜日に641件の事件が週10回以上発見された首都に準緊急事態を導入するよう政府に要請する計画はこの段階ではないと述べた。 前

東京都知事は、今はウイルス対策を求めないと言っている

アナリストは、消費が前四半期の経済成長に戻るのに役立つと予測しており、岸田政権の景気刺激策は今年、支援を追加することが期待されています。

一部のエコノミストは、11月の家計支出レポートが実際の活動の全体像を示していることに懐疑的でした。特に、小売を含むその月の他のデータが前向きな方向を示しているためです。

伊藤忠商事研究所のエコノミスト、ダコタ敦氏は、「非常事態宣言が解除されたので、金曜日の報告からはもっと良い数字を期待していた」と述べた。 「衣料品や靴のようなものは売れ行きが良いので、外出する人が増えるのを見ることができます」と彼は言い、家計支出の減少は実際の行動の変化ではなくモデルの問題によるものかもしれないと付け加えた。

ブルームバーグ経済が言うこと..。

「昨年の第4四半期の日本の住宅支出の予想外の減少は、経済の復活のリスクを示しています。」

-経済学者、増島有希

完全なレポートについては、ここをクリックしてください。

一方、円安の背後にあるエネルギー価格の上昇と輸入コストは、日本のインフレを押し上げ続けています。 同省の簡単な報告によると、電気料金の値上げによる東京のエネルギーコストは、先月、2020年の水準から約17%上昇し、40年以上で最大の改善となった。

今月の政策会議では、日本銀行は、物価リスクは本質的に下落しているという長期的な見方を放棄する可能性について話し合う予定です。

人々は、インフレは世銀の2%の目標を超えて世界の多くのカウンターパートに完全に反しているため、価格のリスク評価の変更は日銀の政策が正常に向かっていることを示すものではないと述べました。

日本の政策立案者は、消費者がより高い価格を許容し、利益を増やし、成長を加速させる、経済がより安定した道を進んでいるかどうかの鍵は、より高い賃金であると述べています。

今週の日本最大のビジネスロビーへのスピーチで、首相は企業に経済を復活させるのを助けるために賃金を上げるように促した。 岸田文雄は企業に賃金を3%引き上げるよう呼びかけた。

(エコノミストのコメントを含みます。ストーリーの以前のバージョンは、アナリストの年々の支出の見積もりを調整しました。彼らは、減少ではなく増加を期待していました。)

このようなストーリーはまだ利用可能です Bloomberg.com

今すぐ購読 最も信頼できるビジネスニュースソースで先を行きましょう。

©2022ブルームバーグLP

READ  日本は最悪の感染症と戦うため、Kovit-19テストを実施します