6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の岸田氏はOECD会合でルールに基づく世界秩序と途上国支援を推進する

日本の岸田氏はOECD会合でルールに基づく世界秩序と途上国支援を推進する

日本の岸田文雄首相は、パリでの経済協力開発機構の会合に出席し、ルールに基づく国際秩序の必要性を強調すると述べた。

東京 – 日本の岸田文雄首相は水曜日、パリで開催された経済協力開発機構の会合に出席し、世界的な課題と緊張に対処するためのルールに基づく国際秩序の必要性を強調すると述べた。

岸田氏は東京・羽田空港で記者団に対し、「自由で公正、ルールに基づいた国際経済秩序の構築と強化において日本が重要な役割を果たすことを強調したい」と語った。

岸田氏は、西側先進国を中心とする38の加盟国で構成されるOECDへの途上国、特にインド太平洋地域の加盟国を支援する取り組みを強化する考えを示した。 東アジアでOECDへの加盟を希望しているのは日本と韓国だけであり、インドネシアとタイも同様である。

岸田氏はAIの開発と利用、偽情報の拡散を議論する多国間枠組みを提案するとみられる。

今年は日本がOECDに加盟して60周年でもあります。

岸田首相はブラジルとパラグアイを訪問し、日本は新興国や発展途上国との関係深化を目指しており、東京は共通の価値観と民主主義原則を共有している。

ブラジルは20カ国・地域(G20)先進国および新興市場国の議長を務めています。

岸田氏は、パラグアイのサンティアゴ・ペナ大統領と会談する際に、日本とパラグアイ間の経済、宇宙、情報通信分野での協力についても話し合っていきたいと述べた。

岸田氏はまた、50社の幹部を含む170人のビジネスミッションを南米2カ国に連れて行くと述べた。

READ  日本の刑務所、国内有数のリゾート会社が運営する高級ホテルに - SoraNews24 -Japan News-