9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の建築とオリンピック:パビリオンがポップアップ

日本の建築とオリンピック:パビリオンがポップアップ

東京オリンピック、東京都、アートギャラリー東京、ヴァタリウム美術館の前の街並みには、日本の建築家や芸術家の建築パビリオンの家族が登場します。

白い雲が木々の間に浮かんでいます。 草と焦げた木で覆われた茶屋。 歴史ある公園を流れる空を映す曲線。 これらは9つの新しいです 建築パビリオン 6人の夢 日本の建築家 そして、東京オリンピックが始まる直前に、最近街中で育った3人のアーティスト。 パビリオン東京2021のプロジェクトのために一時的なインスタレーションが復活しました 東京 市立美術館、東京美術館、ワタリ現代美術館。 これらの日本のパビリオンには、クリエイターの作品が含まれています 藤森照信藤本 そして サナ

パビリオン東京の実行委員会のディレクター兼会長であるエストリ・ワタリは、このコンセプトを「トレジャーハント」と表現し、次のように説明しています。 同年、東京にいるとは思えない不思議なパビリオンが登場。 ‘

彼は次のように付け加えています。 ‘街にはいつもこのような思い出に残るシーンがあります。 このプロジェクトは、街の新しいストーリーを作成することを目的としています。 「東京オリンピックのドキドキする新しい隈研吾によって設計された国立競技場の周りの多くのパビリオンは、9月5日まで展示されます。

妹島和世のスエ。 写真:妹島和世&アソシエイツ

その中には、建築家藤森照信の古庵が作った茶屋があります。 訪問者は芝生のファサードの切り口を登ります 焼杉、または焦げた杉は、謙虚さの現代的な支持です நிஜிரிகுச்சி 伝統的な涙でドアクロール。 観客が靴を履いた後、はしごのような階段が2階に上がり、ウォッシュランプとクマの木と植物に照らされたスタジアムのライブビューが表示されます。

「茶屋には他の世俗的な財産が必要です」と藤森は言います。 「2階に上がって、狭くて暗い這う入り口から入ると、まったく異なる景色を見ることができます。」

一方、代々木公園の緑の真ん中にあるものと高輪ゲートウェイ駅にあるものの2つの浮かぶ雲のパビリオンは、建築家の藤本サフによって作成されました。

ティーハウスCo-on藤森照信。 写真:トロロスタジオ

それぞれが白い分子のような風船の形で、3本の支柱のような脚があり、藤本の雲の霧をノックアウトしています。 ‘外観はありますが、壁はありませんが、内部空間があります。 また、3次元の内部空間はより複雑でダイナミックです。 雲は建築では感じられませんが、ある種の建築があるように感じさせてくれます。 ‘

サナアの妹島和世は、超高層ビルで構成された浜楽庭園の伝統的な敷地を通して、空を映し出す穏やかできれいな水を作り出しました。 渋谷のアーティスト草間陽代の駆除室(ゆっくりとステッカーで覆われた白い空間)から、井田誠の青い防水シートと段ボール箱で作られた2つの「城」まで、日本の自然災害の緊急事態に関連するアイテム東京オリンピックを記念して、パビリオンは都市構造全体に建築の陰謀の層を追加します。 §

READ  男子サーベルチームは決勝でオリンピックフェンシング-韓国イタリアと対戦します