12月 4, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の技術を活用した東南アジアのプラスチック廃棄物の燃焼

ベトナム、タンジョールのプラスチック汚染ビーチ| 写真:ロイター

ハノイ-東南アジアでは、日本のプラスチック廃棄物焼却施設の建設の助けを借りて、海洋プラスチック汚染が深刻な問題になっています。

地域のプラスチック廃棄物を処理する方法として焼却を設定することにより、屋外に貯蔵されるプラスチック廃棄物の量が減少し、結果として環境が改善されることが期待されています。

ステップ: 燃焼の利点

ベトナム北部のバグニン県では、1月から廃棄物を燃やして発電する施設の建設が始まる予定です。 それは国内で最大になります。 ベトナムは2024年1月までに建設を完了することを目指しています。

工場等の開発をリードするエンジニアリング会社であるJFEエンジニアリング株式会社は、この技術を利用して家庭ごみと産業廃棄物の両方を効率的かつ同時に燃焼させるこの施設を設計・建設します。 プラントが完成すると、操業を開始します。 建設費の一部は日本政府が負担します。

この技術は世界中で高く評価されているため、JFEエンジニアリングは英国やドイツなどの国々で同様の施設の開発に取り組んできました。

電気も、ごみを燃やして発生する熱を利用して発生します。

ベトナムでは、毎日500トンのごみを燃やすことで年間約92,000MWの電力が発電されていると推定されています。 また、発電した電力の一部を電力公社に売却する予定です。

中国はかつて世界最大のプラスチック廃棄物の輸入国でしたが、2017年末までにそのような輸入を禁止した後、東南アジアの国々は代替の目的地になりました。 地域として、東南アジアは長い間ペットボトルやバッグなどの使い捨てプラスチック製品の大量消費者でした。

野外に貯蔵された未処理のプラスチック廃棄物は海洋と混ざり合い、魚などの海洋生物によって不注意に消費され、脆弱な状態になります。 プラスチック汚染が社会問題となる中、このような事件が広く報道されています。

2010年に米国の科学者チームが発表した推定によると、ベトナムとインドネシアを含む東南アジアの5か国は、合わせて世界のプラスチック廃棄物の約30%を生産しています。 これにより、この地域で発生するプラスチック廃棄物が増加しています。

日本は約10年間、東南アジア諸国への廃棄物処理に関する政策支援を試みてきました。 日本はプラスチック廃棄物の処理に重点を置き、2017年に操業を開始したミャンマー最大の都市ヤンゴンに廃棄物燃焼および発電施設の建設を支援しました。

ベトナムへの継続的な支援を受けて、インドネシアの同様の工場に向かって動いています。 環境省の担当者は次のように述べています。東南アジアでは、経済成長と人口増加に伴い、処理される廃棄物の量が増加します。 日本の技術でこれらの国々に貢献したい。」

グローバルナショナルニュースレターを購読する

読む

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

購読 詳細をご覧ください フィリピンデイリーインクワイアラーやその他の70以上のトピックにアクセスするには、最大5つのガジェットを共有し、ニュースを聞き、午前4時にダウンロードし、ソーシャルメディアで記事を共有します。 8966000に電話してください。

フィードバック、苦情または問い合わせについては、 お問い合わせ。

READ  日本の小さなお店ならショップロボット