6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の捕鯨: 知っておくべき重要なこと

日本の捕鯨: 知っておくべき重要なこと

日本は火曜日、捕鯨船団の新しい「母船」を進水させ、今年約200頭の海洋哺乳類の捕獲を目指している。

下関を出港し、船内で鯨肉を加工・保管できる総重量約9300トンの「観下丸」は、昨年退役した先代船の後継となる。

国際捕鯨委員会(IWC)が商業捕鯨を禁止した後、日本は「科学的」目的でクジラを捕獲し、南極と北太平洋で数百頭のクジラを殺害した。

国際的評判を傷つけた長年の緊張を経て、日本は2019年にIWCを脱退し、領海と排他的経済水域内で商業捕鯨を再開した。

現在も商業捕鯨を行っているのはノルウェーとアイスランドだけだが、アメリカ大陸の一部などでは先住民族も捕鯨を行っている。

広告 – スクロールして続行してください


日本はブリッド、ミンククジラ、イワシに続き、シロナガスクジラに次ぐ地球上で2番目に大きな動物種であるナガスクジラをリストに拡大したいと考えている。

政府は、この種は「豊富」で、日本周辺での混獲(昨年は294人が死亡)は持続可能だと主張している。

しかし、賢くて一般的なミンクは国際自然連合のレッドリストによって「最も懸念されていない」としてリストされているのに対し、セイは世界的に「絶滅の危機に瀕」している。

広告 – スクロールして続行してください


オーストラリア海洋保護協会のアレクシア・ウェルベラブ氏は、「アカクジラはIUCNによって絶滅危惧Ⅱ類に指定されているが、日本周辺の北太平洋における個体群の状況は不明だ」と述べた。

「これは新たな捕鯨活動の基礎となる良い根拠ではない。」

日本は「対象種の資源量推定のための科学的(研究)を定期的に実施するつもりであり、それによって…持続可能な方法で捕鯨を行うことが可能になる」と述べている。

広告 – スクロールして続行してください


東京都は、科学的研究とは別に、クジラ肉を食べることは日本文化の一部であり、資源に乏しいこの国における「食料安全保障」問題であると述べている。

政府のウェブページ「よくある質問」には、「世界的な人口増加や家畜の病気の発生による食料供給不足によってもたらされる、将来の食料安全保障への脅威を決して無視することはできない」と書かれている。

しかし、消費量は第二次世界大戦後の数十年間にピークに達したにもかかわらず、2019年以降年間約1,000~2,000トンまで減少している。

広告 – スクロールして続行してください


「クジラの肉や脂身は水銀やPCBなどの高濃度の毒素で汚染されており、人間が消費するのは安全ではない」とヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル・オーストラリアのニコラ・ペイノン氏は述べた。

「逆に、クジラを海で生かし続けることは、ホエールウォッチングの収入に依存している地域社会に経済的利益をもたらし、食料安全保障を提供するだけでなく、生態系エンジニアとしての役割のおかげで生産的な海洋と健全な漁業に貢献することができます。」

日本は水銀濃度が高いことを認めているが、鯨肉を食べても「人間の健康に害はない」と述べ、実際、鯨肉には「良質のタンパク質と不飽和脂肪酸」が含まれているとしている。

広告 – スクロールして続行してください


捕鯨資源は商業捕鯨が横行した時代から依然として回復途上にある。

活動家らは、動物たちが環境汚染、漁網への絡まり、船舶との衝突、海洋騒音、海洋温暖化など、無数の脅威に直面していると主張する。

国際動物基金のパトリック・ラメージ氏は、「科学者らは現在、クジラが生態系サービスとして重要な役割を果たしており、海洋の回復力を高め、魚の豊富さを増やし、地球の肺に供給する海洋炭素循環の調節に役立っていると語っている」と述べた。 福祉

ラメージ氏はAFPに対し、「日本の商業捕鯨は21世紀に起こった。もう終わらせる時が来た」と語った。

READ  日本銀行:口座(1月20日)