11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の新しい女子サッカーリーグは、米国、フランス、その他多くの国からの選手を引き付けることを目的としています-アスレチック

東京オリンピック・パラリンピックが遠い記憶に移る中、日本ではスポーツ風景が衰退する兆しは見られません。

9月、女子エンパワーメントリーグ(WEリーグ)は、発足によりスポーツの歴史をさらに深め、日本の女子サッカーに新しいプロの層をもたらし、全国で11チームがプレーしました。

WEリーグの目標の一部は、FIFA女子世界ランキングの上位12チームの中から外国人の才能を引き付け、強力なチームを構築することです。 フランス、ドイツ、オランダ、米国などの国のプレーヤーが優先されます。 この戦略は、チーム編成と同じ方法で収益を生み出す構造になっています。WEリーグのリストに国際的なプレーヤーが多いほど、彼らはより多くのビジョンを得ることができます。 フィールドでのスポーツの多様性が高いため、外国人プレーヤーは、パフォーマンスバーを向上させ、国内の才能を向上させることができるさまざまなスキルをもたらすことができます。 そして、より多くの人が大会当日に参加し、品質を発揮すれば、より多くの収入が得られ、リーグを繁栄させることができます。

元選手で日本女子代表の創設者であるかつらリーグ会長の岡島菊子は、個人的な成功を確実にするためのアプローチを取っている。 今年の初め、岡島はチャペルヒルにあるノースカロライナ大学(UNC)を訪れ、アメリカの女性代表チームの元ヘッドコーチであり、UNCのヘッドコーチとして21のNCAAタイトルを獲得したアンソンドランスに会いました。 トーランスは、岡島と一部のUNCプレーヤーとのミーティングを促進しました。 その結果、WEリーグには、サッカーをする2人の学生を来年のUNC大学院コースに連れて行く機会があります。 今後、WEリーグは、米国内の誰もが米国の大学から積極的に選手を募集することを阻止したいと考えています。

READ  中国のモバイルゲームに続いて、日本の地元の才能