5月 18, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の日経は下落するが、ウォールストリートによって閉鎖された損失は自信を取り戻す

日本の日経平均株価は火曜日に2日目に下落しましたが、投資家がウォール街で株を買い戻し始めたため、大きな損失は回避されました。

日経平均株価は0.58%安の26,167.10で終了し、米国株式先物が反発した午後のセッションでの損失を減らしました。

特に技術者の間で、ウォール街での夜通しの急騰からのメモをとると、ベンチマークは3月中旬以来初めて25,773.83に落ちました。

より広範なトピックは0.85%減の1,862.38でした。

テクノロジーに焦点を当てたNasdaqの将来は、インデックスが一晩で4%以上下落した後、1.4%上昇しました。

野村証券のストラテジスト、神谷和夫氏は、「ナスダックなどの指数が急落した後、技術的な観点から、投資家はリバウンドを期待し始めている」と述べた。

NDTデータ、チップ会社の東京エレクトロン、ピエールアドバンテスト、スタートアップ投資家のソフトバンクグループ、ソニーグループはベンチマークから100インデックスポイントを削除しましたが、技術名は依然として日経に大きな影響を与えました。

NDTデータは、外国企業と親会社の合併を発表した月曜日の発表から2日目に落ち込み、子会社が個人的に買収されると推測した投資家を失望させた。

日本製鉄所は2日連続で15.57%まで日経が急落し、その週の初めに子会社が少なくとも1998年までの製品データに嘘をついたことを明らかにした。

月曜日の時点で、アプリケーションは日経サブフィールドでのみ進んでいます。

ベンチマーク指数の225株のうち、139株が下落し、83株が上昇し、3株は横ばいでした。

(東京市場委員会による報告、VinayDwivediとSupranshuSahuによる編集)

READ  インフレ上昇に伴う「復讐支出」に対する日本の期待