12月 11, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の日経平均が少しずつ下落する中、自動車メーカーは円高を緩和 – 2023年11月20日午後9時14分EST

日本の日経平均が少しずつ下落する中、自動車メーカーは円高を緩和 – 2023年11月20日午後9時14分EST

東京、11月21日 – 火曜日の日本の日経平均株価は、ドルに対する円の反発が自動車メーカー株の売りを引き起こし、若干下落した。

日経平均株価は0149GMT時点で0.1%安の3万3362.07で、その後0.2%上昇した。 より広範なトピックは0.32%下落して2,364.72となった。

三井住友TSアセットマネジメントのチーフ市場ストラテジスト、市川正博氏は「円が対ドルで上昇したため、日本市場は一夜にしてウォール街の強さを反映しなかった」と述べた。

ウォール街の主要3株平均は一夜にして上昇し、大手マイクロソフトが人工知能の主要幹部を雇用したことで過去最高値を記録し、ナスダックの1%上昇を主導した。

月曜、米金利がピークに達したとの期待からドルが2カ月ぶり安値に下落し、円は勢いを取り戻した。

ホンダは2.36%安、トヨタ自動車は1.56%安。 マツダ自動車は4.32%下落した。

東京証券取引所の33の工業用サブ指数の中で、自動車セクター指数は1.79%下落し、最悪のパフォーマンスとなった。

円高が輸出企業の重しとなるのは、企業が海外利益を日本に送金する際に、円ベースでの海外利益の価値に影響を与えるためである。

市川氏は「前場の日経平均株価が30年超ぶりの高値を付けた後、投資家は利益を得て株を売った」と述べた。

日経平均株価は月曜日に1990年3月以来の高値を記録した。

株価は低迷し、伊藤忠商事は3.77%下落、三井物産は2.65%下落した。

卸売指数は1.71%下落した。

GSユアサは、電池メーカーが新株とホンダへの第三者割当増資を通じて最大472億円(3億1547万ドル)を調達する計画を発表したことを受け、10.58%下落した。

パネルディスプレイメーカーのシャープは8.16%上昇し、日経平均で最高のパフォーマンスとなった。

(1ドル=149.6200円) (取材:藤田純子、編集:Rashmi Ich)

READ  エアバスが日本で最初にH160を納入