12月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の日経平均株価は、株価が下落したため、2 か月ぶりの高値から下落しました。

[東京 25日 ロイター] – 日本の日経平均株価が前日の取引で2カ月以上上昇した後、投資家が大型チップ関連株を売ったため、金曜日の日本の日経平均株価は下落した。 .

日経平均株価は正午に 0.34% 安の 28,286.94 でしたが、今週は 1.39% 上昇しています。 より広範なトピックは 0.13% 下落して 2,016.23 となり、毎週 2.49% 上昇しました。

大和証券のシニアストラテジスト、細井修二氏は「投資家は今日、利益を得るために株を売った。これは、過去数回のセッションで上昇していたチップ関連株に見られた」と語った。

「全体として、市場はECBによる利上げペースの鈍化に対する楽観的な見方に支えられ、ドイツの10年国債利回りが低下した」と述べた。

投資家は、木曜日に発表された欧州中央銀行の最新の政策会議の議事録で、インフレが定着する可能性があるという政策立案者の懸念を反映していたとしても、暗いメモをほとんど見ませんでした.

前のセッションでの日経のジャンプは、米国連邦準備制度理事会による利上げペースの鈍化への期待に支えられていました。

日本では、チップ関連の東京エレクトロンが0.32%下落し、週で3.68%上昇した一方、アドバンテストは週4.23%の上昇を記録した後、0.32%下落しました。

天津グループは、東京オリンピックのテストイベントの入札談合に関連して、東京の検察官が広告代理店や他の会社を探していたという報告を受けて、3.95%を失った.

英国スタイルのパブを運営する Hub Co は、水曜日のワールドカップ開幕戦で日本が 4 度のチャンピオンであるドイツを 2 対 1 で下した後、6.91% 上昇しました。

公益事業部門は 1.39% 上昇し、東京証券取引所の上位 33 の産業サブインデックスにランクインしました。

東京電力は4.2%の上昇で日経最大の値上がり者であり、重機レーカーの川崎重工業が4.05%の上昇でそれに続いた。 (藤田純子による報告、Rashmi Iによる編集)

READ  台湾の12月の輸出注文は過去最高に達し、サプライチェーンに警告