4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の日経平均6連勝 – 2024年1月16日午前1時54分(EST)

日本の日経平均6連勝 – 2024年1月16日午前1時54分(EST)

東京、1月16日(ロイター) –

日本の日経平均株価は火曜日に下落し、指数を34年ぶりの高値まで押し上げた6日間の連勝が止まった。

日経平均株価は0.79%下落して35,619.18となり、値下がり銘柄数178に対して値上がり銘柄数はわずか47銘柄だった。

より広範なトピックスは0.82%下落し、2,503.98となった。

日経平均はこの日の前半、一時1990年2月以来の水準となる3万6008.23円まで上昇したが、維持できず3万5901.73円で取引を終えた。

キャピタル・ドット・コムのシニア金融市場アナリスト、カイル・ローダ氏は、市場は不合理な水準に達したと述べた。

「テクノロジーが買われすぎているため、修正する必要がある。」

日経ボラティリティ指数は21.2まで低下した。

月曜日の取引終了後、市場では資本効率改善計画の公表を求める東京証券取引所の呼びかけに応じた企業リストが初めて公表された。

日本で最も影響力のある企業であるトヨタ自動車とソフトバンクグループはリストに含まれていなかったが、プライムセグメントに属する企業のほぼ半数が回答した。

両社の企業株は火曜日にはほとんど影響を受けないようで、ソフトバンクグループは0.73%下落、トヨタ自動車株は0.23%下落した。

一方、オンラインゲーム会社のネクソン、エンターテインメントメーカーの東宝、玩具日本印刷が日経平均株価で最大の下落率となり、それぞれ4.73%、3.81%、3.47%下落した。

HSBCの首席アジア株式ストラテジスト、ハラルド・ファン・デル・リンデ氏は日本の株式市場について「この市場では慎重になるだろう」と述べた。

「誰もがそれに向けて良い状態にあり、誰もがそれを購入しています…したがって、多くの良いニュースが今織り込まれている可能性があります。」

Topixに参加した33の業界グループのうち、上昇したのは5社のみで、輸出企業が2.26%上昇して首位に立った。 (ブリジット・ライリーによるレポート、アンクル・バナジーによる追加レポート、ヴァルン・HKとソヒニ・ゴスワミによる編集)

READ  島田真央は日本ジュニア選手権で3連覇を目指す