4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の月探査機、再び眠りにつく

日本の月探査機、再び眠りにつく

日本の英雄的な月着陸船が、2度目の極寒の長い月の夜を予想外に生き延びた後、再び眠りについたと宇宙庁が月曜日に発表した。

月探査用スマートランダー(SLIM)――その着陸精度から「ムーン・スナイパー」と呼ばれる――が1月に着陸し、日本は柔らかい月に着陸した5番目の国となった。

しかし、亀のように動く小型探査車を搭載したこの無人軽宇宙船は、太陽電池パネルが間違った方向を向いた状態で斜めに着陸した。

悲観的な予測に反して、探査機は地球日数で約14日続く月の夜が2月下旬に終わった後に復活した。

摂氏マイナス130度(華氏マイナス200度)という低温に直面したにもかかわらず、先週もこの偉業を繰り返し、新しい画像を地球に送り返した。

広告 – スクロールして続行してください

月曜日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は日曜日に冬眠に戻ったと発表した。

JAXAはソーシャルメディアサイトXで、「今回の運用では主にスイッチを入れたり負荷を加えたりして複数の機器の状態を確認した」と述べた。

同局は、月の石の研究​​に使われるマルチバンドカメラについて「MBCは一部の機能に不具合があるものの、まだ動作しているため、注意深く状態を確認している」と述べた。

広告 – スクロールして続行してください

月のクレーターを囲む特定の種類の岩石には、月の形成方法を知る手がかりとなる地殻の物質が含まれていると考えられています。

kh/stu/ああ

READ  東京駅前に大きな壁画が登場